大航海時代

1991年3月15日光栄よりファミリーコンピュータソフトとして\11800で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

「テレビゲーム」という物を遊んでもう10年以上になりますが、私の中でこのゲームを越えるPRGゲームはまだありません。ともかく面白いゲームです。ゲームの舞台は16世紀、ポルトガルの没落貴族の主人公が一隻の小型船と僅かな資金をもとに大海原に乗り出していくという物語です。プレイ方法はともかく自由です。交易商人として世界各地を巡り、相場を調べ、交易ルートを作って財をなすこともできます。海賊となって商船を襲ったり強力な戦闘艦隊と戦ったりもできます。はたまた、冒険家となって未知の世界を探索したり、人助けをしたりなどプレイ方法は千差万別です。最終的には「名声」というパラメータを上げて(どの職業でも上げれる)エンディングを目指す事になります。このゲームの売りは、高い自由度もそうですがあのドキドキワクワクがたまりません。私の場合はよく冒険家スタイルでプレイしますが、初めの内はお金を溜める為内海(地中海)でお金を稼ぐのがセオリーなんです。そしてお金を溜め、仲間を集め、初めて大型船で外洋に出るときのワクワクはゲームとして最高の瞬間ですね。そして未知の海を探検する時のドキドキもたまりません。「もうどのくらい行けば財宝があるのか」「食料と水はもつのか」「天候は大丈夫か」など航海ゲームならではのドキドキがあります。そして財宝を掘り出す瞬間はまさに期待と緊張の瞬間です。テレビゲームにおいて大切な要素は「いかにプレイヤーを楽しませてくれるか」だと私は思います。これは古今ゲームが新しくなろうとも変わらぬ要素だと思います。そういう意味で『大航海時代』の高い自由度と冒険の時のドキドキワクワクはプレイヤーである私を十分楽しませてくれました。余談ですが『大航海時代』はシリーズを重ねる毎にストーリー性は強化されたものの替わりに自由度を犠牲にしているような気が(少なくとも私はそんな気が)します。ストーリーはプレイヤーの想像にある程度任せて、昔のように自由度をめいっぱい広げてほしいと思うのは私だけでしょうか?。

□劉皇叔/22歳/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

まだ「面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆普通だった人のレビュー◆

まだ「普通だった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆不満点があった人のレビュー◆

まだ「不満点があった人」のレビューがありません

□/歳/性□


■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング