ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…

1996年12月6日エニックスよりSuperFamicomソフトとして\8700で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

さすがドラクエ。シリーズで一番好きです。最初に心理テストのようなものがあり、それで主人公の性格が決まるのが面白い。アイテムや装備などでキャラクターの性格が変わり、それによって能力成長に変化が出るのもヤリコミ甲斐がある。ラスボスだと思っていたあとにまだ物語があったこともすごくいいと思う。

□スッチ/18歳/女性□

◆面白かった人のレビュー◆

システムなどが変わらないからといって、その物語が変わっていないわけではない。というか、『ドラクエ』は基本を変えないことで、安定した世界を作り、つねに“いま”の時代を切り取ろうとする。たとえば前作ではパラレルワールドでの真実探しを描いていたでしょ。そしてこの作品では、大人たちが見ないようにしている本当の世界を、主人公(=プレイする子供)が、知恵と勇気を持って行動すれば変えることができるのだと、熱く語っている。「冷めちゃだめだ!」と。一例を挙げると、ある村での出来事がそうだ。魔物の手で起こりかけた悲劇を、主人公たちが活躍して阻止する。ところが、あとで再びその村にやって来てみると、以前のその出来事は、村人たち自身の勇気で回避されたことになっている。思い出したくない過去を平気で書き換える大人たち。そして真実が再び明らかになっても、けっして認めようとしない大人たち。村の子供たちは決心する。自分が大人になったときは、けっしてそんな大人にならないことを。このエピソードからも、『ドラクエ』が甘い物語を展開していないことがわかる。大人社会の汚さもちゃんと伝えている。子供に隠したって隠せない情報化時代だからこそ、ごまかさずに描き、それでも子供たちに希望を託している。クサイと思う人もいるだろうけど、それをまっすぐに描けるところが、『ドラクエ』のいいところ。こんなゲームはちょっとない。

□ヒロポン/16歳/男性□

◆普通だった人のレビュー◆

まだ「普通だった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆不満点があった人のレビュー◆

まだ「不満点があった人」のレビューがありません

□/歳/性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング