ライブアライブ(LIVE A LIVE)

1994年9月2日スクウェアよりSuperFamicomソフトとして\9900で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

友達に薦められて中古SHOPで買ったんだけど・・・・素晴らしい!まず、このゲームは独自の「ワールドセレクトシステム」を採用していて、世界によって「システム」「世界そのもの」ましてや「主人公」さえ違う!全体としては前半全7章+中盤全1章+最終章ってな形で構成されてるんだけど、中盤全1章の主人公がラスボスに!そして、最終章で前半の全7章の主人公が集まって倒す!・・・・なんだか切なかった・・・。そう、このゲームは人間を良く描いています。良いところも、醜い所も・・・・。なんにせよ、いろいろと考えさせられる作品でした。

□もっさん/17歳/男性□

ゲームのストーリーがたくさんあって、面白い。PSゲームキューブだろうがリメイク版があれば買うと思う。とても面白い。スーパーファミコン(SFC)の面白いゲームだと思う。セリフの一つ一つがかっこよく題名にもこっていてLIVE A LIVE(ライブ ア ライブ) を後ろから読むとEVIL A EVIL(イービル ア イービル)と言う最終編の 意味を書いてある。とてもやり込みのあるゲームだ。

□月光浴/12歳/男性□

今でこそ使い古されたネタだけれど、当時としては新鮮だった中世編。当時このゲームをプレイした人々は、皆大いに衝撃を受けたことでしょう。かくいう私もその一人です。中世編、および最終編の秀逸さもさることながら、最初から遊べる7つの物語も充分に面白いです。気軽に何度でもプレイでき、物足りなさも感じさせない適度な長さのシナリオ。バラエティに富んでいるため、自分好みのシナリオが必ず一つはあるはず。独特の戦闘システムも戦略的で面白いです。全てドット絵で描かれている世界で展開するドラマは時代遅れと表現することも出来るでしょうが、それは逆に原点でもあると思うのです。シナリオに哲学的な要素を含むこのゲームは、一度プレイしたらいつまでも心に残り続けます。

□S/18歳/女性□

ネタばれかもしれませんが・・・・。スクウェアの作品だけどかなりマイナーなゲーム。ひとつの物語に一人のイラストレーターを採用し、計七つの物語を選んで順番にクリアしていくオムニバス方式。七つのストーリーはSF編・近未来編・現代編・西部編・功夫編・幕末編・原始編と時代ごとしかもその七つの物語をすべてクリアすると、今度は中世編なる8つ目のシナリオが出現します。このストーリーは簡単に言うと「魔王が出てきて勇者が倒すことになる」というありがちなものなのですが、それははじめの方だけで最後は普通のRPGではありえない、すごい悲しい話になってしまいます。(どうなるかはやってみてからのお楽しみ)ちなみにこれをやってた当時(たしか8歳くらい)に泣いてしまいました。それほど悲しいのです。そしてそれをクリアするとこのゲームのキモ、最終編がでてきます。このシナリオははじめの七人で真のラスボスを倒す、というもの。これは自分でやってみたほうがいいです。それに、とりあえずマルチエンディングなので結構楽しめます。その他でいいところ。キャラのセリフがすごいカッコイイ。曲もかなりの名曲ぞろい。隠し要素が多い。感動的。心が熱くなる。などなど。とにかく一度やってみることをお勧めするゲームです。ちなみに「リブアリブ」ではなく「ライブアライブ」です。意味は生きるということ。かなり長くなってしまいました…。すいません。

□銀河/14歳/男性□

スクウェアから出された、隠れた名作っぽいぞ。最初に7人の中から一人選んでそのシナリオを解くと言うゲームだ!!どっちみち7人のシナリオと+αをクリアしないと行けないのだが(汗まぁとにかく良いゲームだこれは(何。心の中読める少年とか格闘ヤロウ、原始人などなどその他いっぱいだいろいろタイプの主人公ありまくりなのだ(だぶん)シナリオクリアするまで最後の一回しか戦闘しなかったり、師匠が死んだりといろいろある。とくに原始人、と心の中読める少年と、最後の一歩手前のシナリオはかなりいい!!原始人は、肉!!って感じだし、心の中読める少年は、ブリキ大王!!って感じだし、最後の手前のシナリオは、なんか人間関係が複雑だし(仲間達が大変なことになる)ぶっちゃけ魔王居ないのかよ!!と思ったりえぇお前が魔王になるのかよ!!と思ったり大変だなーと思った。そして何を隠そう最後のシナリオもこれまた良いのだ!!最初に今まで出てきた主人公達の中から最後のシナリオの主人公をきめるのだ。管理人も当時誰にしようかなと?悩みまくりだった。正義のサイドか悪のサイドとかがある、今まで出てきた主人公たち出まくりだし。そのキャラの最強装備見つけるだけでも大変だよーと思ったり。エンディングも一種類だけではないので、それもまた良い格シナリオもやり込み要素があり、かなりよい出来なのだ!!今じゃ値段も1000円以下(だぶん)だと思うので、見つけたらやってみるもの良いと思いますよ

□ジーク/17歳/男性□

1994年にスクウェアから発売された隠れた名作、それがこの「LIVE A LIVE」です。原始編、西部編、現代編、幕末編、近未来編、功夫編、SF編という7つのシナリオを好きな順番でクリアして、最終的には隠しシナリオで完結という感じになっています。キャラクターデザインをしている漫画家さんが各シナリオごとに違うため、何か独特の雰囲気があります。始めの7つのシナリオは面白いものや感動するものもありますが、正直言ってどうでも良いです。ですが頑張って8つ目の隠しシナリオまでは進んでください。絶対「やって良かった」と思えてきます。やって損はしないと思います。うーん、何か考えさせられますね、このゲームには。

□HORSTAD/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

グラフィックがしょぼい。でも内容は凄い!!いろいろ考えさせられるゲーム。沢山章が選択できるんですが全章を一度はクリアして下さい。じゃないとこのゲームは、やったといえません。販売はスクウェア。力の入った宣伝はしてたのに不発なゲームでした。個人的には2、又はリメイク版が出て欲しいです。

□たらこら/16歳/女性□

◆普通だった人のレビュー◆

まだ「普通だった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆不満点があった人のレビュー◆

まだ「不満点があった人」のレビューがありません

□/歳/性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング