ファイアーエムブレム 烈火の剣

2003年4月25日任天堂よりGameBoyAdvanceソフトとして\4800で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

封印の剣もやったが烈火の剣で、軍師が加わりさらに面白みが増した。他にもロードが3人いるのがよかった。また、封印の剣に出てくるキャラが出てくるのも面白かった。ソードマスターなどは必殺率が下がって少し残念だったがそれでも、面白かった。他にも新しいことが加わり、前作よりさらに面白いゲームになったと思う。

□matumako/40歳/男性□

面白すぎ(^0^)ぜひ新しいシリーズがでたらやりたいです。キャラクターもカッコイイしさいこうです。封印の剣もやったけどやっぱりおもしろかった。とことんやってしまうのでけっこうすぐにおわってしまうからもっとストーリーをながくしてほしい。(ToT)

□たつや/13歳/男性□

最近はまれるゲームがなく、時間をもてあましていた私が偶然手に取ったのがこのゲームでした。シュミレーションは初体験、過去のシリーズも一つもやったことはありませんでしたが初心者にも優しいゲームシステムと、何よりの緻密に描かれた人間関係にはまりました。支援システムのおかげで何度やっても飽きないし、やればやるほど深みにはまっていくゲームです!シリーズの他作品もどれもおもしろく特に聖戦の系譜なんかは複雑に絡み合う親子二世代の人間関係にはまりました。数あるゲームの中からこのゲームに出会てよかったとおもいます。

□神夜/18歳/女性□

「戦争」がメインの同シリーズにしては珍しく、個人的な戦いとロマンスが描かれている。前作の『封印の剣』とセットで考えれば、やはりシリーズ作の『聖戦の系譜』と似ており、『聖戦』前半部が『烈火』、後半部が『封印』となるのかも知れない。ただ、ストーリー上の矛盾点がいくつか見られるが、むしろ、『封印』を正史と考えた上で作中劇のような扱いなのかも知れない。内容的には、今までの良い部分はしっかり受け継ぎながら新しい要素も盛り込まれていて、間違いなく面白い。ただ、開発期間が短い故か、バグや誤植の多さが目立つ。ダウンロードサービスも分かりにくいうえに期間限定では、初心者に優しくない印象を受けるところが気になる。おそらく、早いリリースやダウンロードサービス共に、GBAspとそのソフト群の販促を兼ねているのだろうが、逆効果。結果は別にしても、これほどのビッグタイトルで危険な賭と実験を行う意味があるのかどうか多いに疑問。

□ランスファイター/27歳/男性□

封印の剣でファイアーエムブレムにハマり、今回豪華な先着特典もつくということで、この「烈火の剣」をかった。まず、携帯ゲーム機なのに、すごくキャラがリアル。そして、おくのふかいストーリー。たくさんのキャラクターも忘れてはいけない。武器の種類もおおい。しかも、長く楽しめる。

□TOM/12歳/男性□

GBA版FEの第二弾。時代背景は封印の剣の20年前のお話。ストーリーはより濃厚になっていて、バトルアニメーションもさらにカッコ良くなっている。登場キャラも多く、さらにグレートアップした支援会話など、FEシリーズをプレイしている人なら絶対「買い」の作品!

□ひさっち/25歳/男性□

前作「ファイヤーエムブレム 封印の剣」と一部話がつながっているし、リン編 エリウッド編 へクトル編の三つのモードがありとても面白い。またサウンドルームも前作より充実しており、月刊任天堂とのリンクや、封印の剣とのリンク、初回限定特典もあり良かった。

□オシリス/13歳/男性□

今までのFEファン、これからのFEファン共に楽しめる一作であったと思います。(私は前者)前作の”封印の剣”以前の物語と言う事で、プレイしながらにやにやしていたりで。あのキャラの親はこの人かあ、と、思いながら出来るし、何よりクリアー後の要素がたっぷりなのが、びっくり!支援会話を見れるのは、かなり必見!ただ、今までのFEファンには優しい感じがしたと思います。

□セ-ラ/22歳/女性□

前作ファイアーエムブレム封印の剣の20年前の物語。三人の主人公エリウッド・リン・ヘクトル、三人を中心に描かれるシュミレーションRPG。まず、クリアして思ったことは封印に比べて感動が大きかったということ。今回は封印と違って【戦争】がテーマではなく【旅】が題材となっている。しかし、思わず胸が痛くなるイベントも少なくはない。例えば…おっと、ネタバレなのでこの先は貴方の目で確かめよう(苦笑)。次にキャラクター。封印は暗黒竜の使いまわしというか再来と言うか、そういうものが多かったのだが今作はオリジナルが大部分。特にキャラクターがあまり多くなく、全員よく育つ(戦士もアーマーナイトも)ので、誰を育てるか好みで決めれる所も良い。支援会話はより奥が深く、クリアーすると支援会話をどれだけ見たかを確かめることができる。100%に今も燃えている(笑)。特にエピローグが良かった。結婚は歴代のFEと変わらないけど、主人公以外のキャラクター達も支援によってエピローグが変わる。これにも興味深く、パーフェクトを目指してしまう。グラフィックはパッと見だと封印の使いまわしと見える…と思ってはいけない。若干の進化アリ。特に一枚絵。キャラクターの表情。何よりクリアーまでにそれほど時間がかからない(頑張れば1週間ほど)ので、やり込む人にとっては親切。不満だったのは、バグ(というか製作側のミス)が多かったのと、アイテムプレゼントが実施している所が少なすぎた所。

□幹史/13歳/男性□

実は前作の封印の剣はまだクリアしてないんですが・・・今回の烈火の剣はファイヤーエンブレムが未熟な僕でもわかりやすいようになっています。人間関係やストーリーも前作と比べると大変興味深いものになってます。正直今回の購入は悩んだのですが、(前作をクリアしてないので・・・)買ってよかった!!というのが正直な感想です。思わず必殺がでたときの爽快感はたまりません(笑)

□とし/17歳/男性□

前作に比べ最初が練習編になっているのでなめていると中盤から難易度がガンガン上がっていき、いままでシリーズと同等の緊張感を味あわせてくれる。一瞬の油断でキャラが死んだ時なんの躊躇もなく、リセットしてやり直している自分がまたそこにいているのがいつものパターンとしておこなわれるゲーム。

□甲児/37歳/男性□

前作から1年程度しか経ってない発売でしたが、制作期間の短さを感じさせないほどの完成度でした。ゲーム中のチュートリアルは、親切でわかりやすく“説明書がいらない”という任天堂の言葉も納得できました。難易度も下がって今までの敷地の高かったFEから一転、初めての方にもかなり入りやすくなったと思います。全体的に難易度が下がったとはいえ、1回クリア後には難易度が、かなり高いモードも用意されているので、上級者にも満足させる作りになってると思います。

□らいー/16歳/男性□

システム自体はシリーズを通してそれほど変わらない。絶妙なバランスなので育てるキャラを変えて何度でも遊べます。今回からシナリオの初めに武器の購入が出来なくなったので武器屋を見つけたらある程度購入しておかないと武器が無くなった…なんて事もあるのが辛い。

□としき/36歳/男性□

ファイアーエムブレム 烈火の剣、大変面白かったのですが私個人としてはスーパーファミコンで以前発売されたファイアーエムブレム聖戦の系譜が一番面白いと思っています。烈火の剣も新システムの軍師などもよかったが、聖戦の系譜子供が後半戦うシステムは何度か最初からやり直して違うカップリングにしようなどと思えるので、次回作には軍師システムなどに加え子供システムも復活させてほしいと思います。

□月桂樹/18歳/男性□

今回初めてこのファイアーエムブレムシリーズをプレイしたが、キャラクターの個性や戦略性が高くてなかなか楽しくプレイできた。初心者向けに親切丁寧なガイドが出るのも、初めてプレイする私にとってはすんなり物語を進行することができたので良いと思う。今までの作品ともストーリーのつながりがあるようなので、機会があったら過去の作品もプレイしてみようと思う。

□blueriver/21歳/男性□

恐ろしく丁寧なチュートリアルのおかげで、初心者でも絶対に安心。個性的なキャラに感情移入させられ、一回の行動の後先や、ごくわずかなパラメーターの違いが大きな意味を持つ戦闘にシビれっぱなし。とことんまでやろうと思えば、それに答えてくれる懐の深さも。シリーズ通してシステムはすでに完成の域に達している骨太ゲームなだけに安心して遊べる。

□ヴァルキリー/20歳/男性□

私はシミレーションゲームはあまり好きではないのですがこのゲームはとても楽しめました。ストーリーもさるものながら、出てくるキャラクターがぞれぞれ個性があって条件によっては仲間にならないこともあります。その点では何度でも遊べるようになっています。シミレーションゲームが苦手な私でも何とかクリアできますし人それぞれの仲間や戦略なので楽しむことができるので、みなさんにプレイしていただきたい一本です。

□もりちゃん/31歳/男性□

ファイアーエンブレムシリーズは少々難しいとの評判だったのでRPGの苦手な私としては心配だったのですが、説明書を見なくてもプレイできるやさしい操作性やドラマチックな展開にぐんぐん引き込まれていき、とても楽しくプレイすることができました。買ってよかったです。

□おっかー/35歳/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

実は、今現在プレイ中で、まだ終わっていないのですが。初代FC版からやっているFEファンにとって、今回のFEは、かなり難易度低くて、はっきりいってぬるいです。通勤途中にちょこちょこやる分には、やりやすくていいのですが。斧ロードが強くてお気に入りです。斧ユニットなんかメインで使うのはじめてです。各面のストーリー部分がちょっと長すぎる気はしますが、そのぶんストーリーはしっかりしているのでしょうね。

□cleyera/29歳/女性□

シナリオよし、キャラクターよし、難易度よし、とかなり面白かったと思う。リン編、エリウッド編等と分かれていたのもよかった。戦闘シーンはGBAであることからいえばこれ位がちょうどよいのかな?欲を言えばおまけにやや不満というか、トライアルマップが欲しかったかも。前作のデータを引き継がないと出来ない事は前作をやってない&持ってない人にはまるで意味をなさないからそこらへんをなんとかしてほしかった。

□マコ/22歳/男性□

システムこそ従来と変わらないもののストーリーは前作の過去にあたり、素直に受け入れられるものだった。主人公以外のユニットにも戦闘シーンにおける個性あるグラフィックが用意されていて驚いた。支援会話により、前作に続くエピソードが紹介されるがイベントで見れたほうがよかったと思う。

□kou/23歳/男性□

任天堂のファミリーコンピュターのときからずっとファイアーエンブレムおよびプレステーションのエターナルファンタジーもやりましたが、やるたびにマンネリしてきましたが、ゲームクリアというなにかわからない義務感におわれるゲームです。途中で挫折するも暫くすれば気になっておもわずやってしまうゲームです。でももうリタイアします。

□有明省吾/31歳/男性□

任天堂の人気SRPGの最新作であり、世界観は前作「封印の剣」の20年前という設定なので前作のキャラやそれに関係するキャラが多数出てくる。今回は以前とは違い、プレイヤーは旅の軍師という立場で主人公の戦闘を指揮するという形だ。又、今回は主人公が複数居るというのも以前との大きな違いになる。最初の主人公、リン編は初心者がゲームに馴染むための戦闘が多いので、初心者にも安心な内容となっている。ただ、最初のリン編は古参ユーザーにとっては鬱陶しい以外の何者でもないことは確かである。自分の意志とは無関係にキャラクターから指示されたことのみしか出来ないことが多いので、とても退屈だ。マップそのものも簡単すぎてリン編は一日で終わらせられる程だ。熱狂的な古参ユーザーが多いこのシリーズで、こういう設定をするのはいささか間違ってはいないかと思う。魅力的なキャラクターが多いだけにとても残念だ。

□さかきんぐ/22歳/女性□

ファイアーエムブレムをプレイしたのは今回が初めてだったが今作品は新規ユーザーの獲得をねらいとしていただけあって初心者向けでシュミレーション嫌いな自分でもとっつきやすかった。難易度が低いので初心者はプレイしやすいかもしれないが、昔からのファンからすれば簡単過ぎて少し不満かも。

□ピー/17歳/男性□

◆普通だった人のレビュー◆

封印と明らかに違うのはマムクートが一般に出現しないことだ。これにより神将器およびドラゴンキラーの有効なて敵が一部のボス&ドラゴンナイトに絞られた訳だ。だから最終ボスとの決戦はあくまで主人公達や因縁の強いアトスに任せられる。ストーリー的にもそれが一番良い結末だろうし神将器を取っておくことができる。拍車をかけてハマーンの杖もある。絶妙なバランスだ。キャラクターは濃く、そして彼ら同士が深く関わっている。また、関わりなくとも自然に関わろうとする。その思慕の縁や恋愛の情が戦争という一つの過ちを消し去っている。少なからずとも出ているであろう犠牲者を慰めるかのような作品になっているのかと思う。

□ZAD/14歳/男性□

◆不満点があった人のレビュー◆

一週目をクリアした感想としては、「FEの中で一番つまらなかった」だな。言うまでも無いが、酷く低い難易度。何これ?会話のフリガナつければ幼稚園児でもクリアできるってカンジの低難易度。そしてストーリーもハチャメチャ。戦争がテーマのゲームなんだからさ~。殆どリン・エリウッド・へクトルの三人旅だろ。これなら「ファイアーエムブレムRPG~三人の大冒険!~」とかつけたほうが良かったんじゃないかと思うほど。まぁ、ストーリーに関しては封印の剣から「戦争を戦い抜く」ではなく「悪を倒すヒーローモノ」になってしまったから期待はしてなかったけどさ…。グラフィックが綺麗だから何?そりゃ綺麗だ。前作が綺麗なんだから、もっかい使えば綺麗だろう。瞬きなんてどうでもいいよ。ギャルゲーじゃないんだから。リン編はどうみてもときメモ以下のギャルゲーと考えた方がいい。中世代頃のプレーヤーと剣士少女の恋愛物語ってカンジでね。エリウッドは前作の鈍感坊主ロイと比べりゃキリッとしてるし性格も冷静だからまだ許容範囲。へクトル君についても同様。音楽も殆ど前作の使いまわし。トラ7の闘技場リメイクが聞けたのが嬉しかったけどその程度。オリジナリティーもクソもありゃしねぇ。このゲーム自体がクソ。結論からすれば、任天堂はクソゲーを作るのが上手くなったなぁ、と思わせる作品。任天堂は俺の中で1,2を争う好きなメーカーだったが、マリサン、風タク、ルイマン、をプレイして任天堂不振に陥った。それに追い討ちをかけるようにリメイクの食いつなぎの繰り返し。メトロイドプライムでちょっと信用取り戻したけど、この作品でまた後戻り。同時期に発売したファイナルファンタジーX-IIもクソだったが、この作品に比べりゃ数倍マシ。今まで生きてきて最悪のゲームに出会った。次回作はどうやらGCで発売するようですが、期待度は0パーセントです。というか戦争なんだからさー、次回作はCERO規制かかるくらいの手ごわいシミュレーションにしてくれよニンテンドーさん。クリアできなくてコントローラー投げれるくらいの難易度があってこそFEだと思うんだよね。

□111/13歳/男性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング