スーパーロボット大戦W

2007年3月1日バンプレストよりニンテンドーDSソフトとして\6090で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

初めてのDSのスパロボという事でかなり期待して待っていたが、期待以上の出来だった。GBAの頃のスパロボを圧倒する作りこみや技の演出らびっくりした。特にマジンカイザー 真・ゲッター グレートマジンガーの合体攻撃のファイナルダイナミックスペシャルは全スパロボシリーズで一番格好良くて鳥肌が立った。音声が無いのにスパロボでここまで鳥肌立つとは・・・とまじでびっくり。ロードも短いし、リスタートもすごい早くてこれに慣れるとPS2等のスパロボがかったるくなる。次回作DSで出したときは一部だけでも良いから代表的な技には声が入っているとうれしい。ゴライオンは見たことも聞いたことも無い作品だったがBGMや技などを見てすっかりファンになってしまった。SEEDもアストレイがメインになってたのが高評価。Wi-Fi対応にして、限定機体とか取れれば良かったな。

□はまちゃん/24歳/男性□

難易度は比較的初心者向けと言う事では、問題無かったと思います。ただ、玄人向けには易しいという印象を持ちました。内容やストーリーに関しては、スパロボ全般を通しての売りであるクロスオーバーが上手く作ってあり、大変面白かったです。特に、テッカマンとオーガンの思いがけない繋ぎ方が個人的には新鮮でした。

□桜蚊/25歳/女性□

ニンテンドーDSの機能をうまく生かしたタッチ機能や、ROMの容量増大による戦闘アニメーションの向上(ガオガイガーのゴルディオンハンマーなど)、またストーリーも大変すばらしかったです。声が無いことを除けば、据え置き機ともう大差ありません。初めての人も、シリーズ初めての人も安心して楽しめる一本だと思います。

□N/21歳/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

今までの作品よりも参加作品の設定のクロスオーバーネタが多く、より物語の奥を深める事に繋がっている為によりソフトを楽しむ事が出来るのが良い。但しあくまでもこのソフト上のクロスオーバーネタでる事を理解しておかないと誤解が生まれてしまう様な部分もある為に、元作品を知る人にとっては逆に頭にくる様な部分があったかもしれない点は否めない。

□みぃくん/36歳/男性□

DSで初めてこのシリーズを遊びましたが、進み具合もスムーズでどちらかというと、スーファミ時代の懐かしい感じのするスパロボでした。DSで声がまったくないのが非常に残念でしたが、それ以外は楽しく遊べました。DSで気軽にやるのには良いゲームだと思います。

□ダイン/29歳/男性□

初参戦の作品が多かったこと、これまでの殆どのシリーズで登場していたアムロ達U.C系の作品が登場せずに最近のSEED系(しかもアストレイ)のストーリーを多く取り上げていた点は新鮮さを感じた。が、あまりにも主人公機が圧倒しすぎていてゲームバランスを崩している気もした。

□わかたん/27歳/男性□

スーパーロボット対戦系は昔から好きで、SFC時代からプレイしています。今回DSで発売ということでDS本体と一緒に購入しました。やはりDSなのでキャラクターの声は出ていなかったで残念でしたが、曲の中に声が少し入っていたのがよかったです。また、予想以上に戦闘シーンの動きが多く、楽しませてもらいました。あとは強化パーツのショップがあるのがいいシステムだと感じました。

□HERO/19歳/男性□

DSにしてはタッチペンを全く使用せずにプレイできる点は、従来のプレイ方法と同じで違和感を感じさせなかった。しかし、2画面に表示させる意義のあるデータかどうかは少々疑問が残る。どうせならタッチペンによる特殊な操作があっても良かった。又、マジンガーZやゲッターロボはこのシリーズの中心的存在だが、毎回同じような場面をプレイするとさすがに飽きが来る。Zガンダムのティターンズがらみの話がなくなった様に、Dr.ヘルとの対決もなくしてもいいような気がする。ストーリーのマンネリ化を防ぐ為に、今後は新規参入キャラクターのストーリーをメインに構成したほうがいいように思われる。

□JOJO/27歳/男性□

◆普通だった人のレビュー◆

よくも悪くもSRWシリーズだなぁと思いました。DSということで2画面をうまく使えているとは感じましたが、ストーリーにちょっと不満がありました。ガンダムSEEDのストーリーがほとんどなく、代わりにASTRAYという変わった作りになってます。SEEDシリーズが好きな人にはあまりお勧めはできないかもしれません。もうちょっとSEEDのストーリーが入っててもいいかなーと思いました。

□むつみ/24歳/男性□

◆不満点があった人のレビュー◆

総合的に見るとストーリーも凝ってるし、トドメ演出も多くて格好良かったりなど、決してつまらない作品ではないと思います。しかしだからこそ不満な点も目立ちます・・・・具体的には下記の点。・資金がかなり手に入る。今までは1ステージでの獲得資金は幸運使っても5~6万程度だったのに今回は普通に10万(場合によってはそれ以上)までたまる。そのため今までより簡単に資金&経験値が手には入ってしまい、あっという間に機体が改造できてしまうので資金面で困らなくなってしまった(これは嬉しいことでもあるかもしれないけど)。また改造引き継ぎがやたらと多かったり(主人公機&主人公戦艦、氷竜&炎竜&風龍&雷龍、ガオガイガー&Jアーク等)するのもあれである。・2部構成が微妙。本作はスパロボでは珍しい2部構成。でもそのせいであちこちで展開を急ぎすぎている感じが否めない。特に第1部ではナデシコ、第2部では後述のガンダムSEED。・ガンダムSEEDがほぼ脇役。ガンダムSEEDは第2部でやや遅れて参戦。しかしASTRAYシリーズの陰に隠れてしまってほとんど話にからまない(いつの間にか地球に降下している、いつの間にかトールとニコルが死んでいる等、「いつの間にか」が多い)。ガンダムシリーズでは一番好きなのにガッカリ。・オリジナル主人公が今までと比べると格好悪い。今作主人公のカズマ・アーディガン、歴代主人公と比べるとあまり格好いいと言えない。頭が悪かったり家族や仲間内で終始ひどい扱い(本当の作戦を一人だけ知らされない、マオ&ノインの地獄の特訓を受けさせられたり等)を受けたり、第2部序盤では父親のマネをして変なしゃべり方をしたり、彼女がほしいと言っていたのに終始彼女ができず終いで終わったり等、まるで3枚目である。・主人公機選択がない。これがかなり痛い。主人公機がリアル系のみ。スーパー系好きの自分としてはかなり痛い。とは言っても後半のパワーアップでスーパー系っぽくなるのだが。・主人公機のパワーアップ機、ヴァルガードがダサすぎ。最初見たとき「どこのファミコンロボ?」と思わず突っ込んでしまった。見れば分かると思うが、あまりにも格好悪すぎる。最終形態のヴァルザカートがかなり格好いいだけにかなり残念。・隠しユニットのほとんどが微妙。ライトニングストライカー、エステバリスIIアカツキ等、所謂「いてもいなくても同じ」ものばかりなのが痛い。また入手条件も大抵難しいと言うより面倒くさいものが多い。・オリジナルの敵が強い。オリジナルの敵はボスどころか雑魚敵ですら「特殊効果武器無効(ステータス以上を受け付けない)」を持っている上に特殊効果武器を装備している。オリジナル以外の敵はボスも含めてみんな特殊効果武器が効く(パルパレーパ・プラジュナーのみ例外)ため妙に浮いてしまっている。・第2部でテッサ&かなめが長時間敵に拉致される。特にかなめはさらわれたら最終話まで救出できなかったりと、まるで今作のヒロインのような扱いをされている。等です。このほかにもいくつかあるのですがきりがないのでここで止めておきます。とにかく結論を言うならば、「つまらなくはないんだけど色々余計が多い」作品と言えます。

□シャインウィザード/17歳/男性□

かつてはシリーズの最新作の取り扱いが始まるやいなや真っ先に予約して、一日千秋の思いで発売を待ち望んでいたファンの一人であった。しかし新スーパーロボット大戦以降、明らかに対象とされるそれを大きく超えてしまった年齢がさらなる逸脱へ向かうに従ってという事か、或いは製作方針のためか、難易度の低さが気になるようになり段々とシリーズへと食指が伸びなくなり、気づいたときにはロボット大戦シリーズの追っかけをやめていた。ゲームをあまりしなくなったのもこの辺りであったように思う。そんな私が近作を手にしたのは、シリアスゲームなる新ジャンルで一躍衆目集めた未だ人気沸騰中の携帯ゲーム機、ニンテンドーDSを購入したためである。テレビを見ていると必ずCMが流れ私の童心を刺激していく。最近少し暇が出来た事もあって、ゲームでもやってみようかと思い立った。朝から長蛇の列に連なり苦労して買った。さて、本体を手に入れたからにはソフトも買わなければならぬ。では何を買うかという事だが、最近ではゲームから離れ気味という事もあってこれといったものが見つけられない。いくら人気があるといえど私は実利的なゲームに懐疑的であり、そんな態度を表明するためにも店頭の棚を三分の一にわたって占領していたシリアスゲームを一顧だにせず、懐かしさも手伝って当時発売されたばかりだったロボット大戦の最新作を、買った。家に帰り意気揚々とプレイをはじめた私は瞬時にロボット大戦の世界観に舞い戻った。戦闘シーンや会話画面の構図といい、シリーズの眼目ともいえる今まで放映されたアニメの世代を超えた自在無碍な混交といい、妙にほっとした。また、携帯ゲームという事もありグラフィックもまた当時を思い出させる感じに仕上がっていて感慨深い(とはいえ昔の携帯ゲームとは比べるべくもなく、いやはやすごい時代になったものだ)。しかしストーリーを進めていくにつれ、やはり難易度の低さが気になった。操作可能なほとんどの機体がまともに戦えるほど強く(どの作品のファンにも対応できるようにする心遣いだろうが、弱いキャラを育てるのもまた楽しみだった)パラメーターにおける個別化の試みが失われているように思えた。さらに一部の機体の強さは天井知らずでガオガイガーなどを完全改造すればそれだけで全クリできるほどだ。バランスが感じられない。一方、ストーリーの方は楽しみながら読ませてもらった。それぞれの作品をある一貫したストーリーに組み込む手腕には相変わらず感心させられる。シリーズの常で知らない作品も登場したが、明快なストーリーのおかげですんなり受け入れ、感情移入する事が出来た。これもまたロボット大戦の醍醐味であろう。懐かしさを感じながら総じて楽しくプレイできた。しかし、何度も言うが難易度は低い。年齢のせいでもあろうし、難易度度外視というシリーズの性格にも関係がある(今回のプレイで改めてそう感じた)だろう。特別アニメに思い入れのある人間であればそんな事には関係なくシリーズを追いかけていけるだろうが、あいにく私は既にアニメへの興味を失ってしまった。やはりゲームは難しくなければと思う私のような者にとってはそろそろロボット大戦を卒業する時期だろう。もうこれ以降ロボット大戦のシリーズは買わないと思う。少し淋しいような気もするが、仕方がない。しかしこのシリーズには末永く続いてほしい。私の少年期はロボット大戦シリーズと共にあった。

□海里/21歳/男性□

一番必要な世親コマンドを持っている祝福組(テッサとラクス)がずーっと捕らえられてデ・ダナンとエターナルが改造が出来ないで面白くない!あとボン太君の参戦が宇宙なので活躍の場がない所が最大の不満点だ。あとオリジナル敵勢力が特殊効果を無効化する点も不満がある。

□夜桜/32歳/男性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング