光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝

2009年10月29日スクウェアエニックスよりニンテンドーDS用ソフトとして\5980で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

まだ「大変面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆面白かった人のレビュー◆

まだ「面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆普通だった人のレビュー◆

原点回帰を謳うRPGと言うだけあって、グラフィックやBGM、戦闘システムなど、昔のFFを思い出させてくれるような作風になっていた。特筆すべきはゲームバランスで、事前情報無しの初プレイだとかなり難易度が高かった。昔のゲームによくあった理不尽に強い雑魚敵やボスが出現したり、次に進むためのヒントが不親切だったりといった感じ。ただ、ボスの行動パターンや弱点属性の情報がわかれば楽勝になると言った作りは流石だなと思った。アイテムの所持制限や操作性、攻撃や回復のターゲットが選べないなど、システム面での不親切さが際立った。この辺も昔のRPGを意識した設計だったのだろうか?だとしたら凄く徹底した原点回帰で、それはそれで感心してしまうが。

□ROMROM/22歳/男性□

◆不満点があった人のレビュー◆

古き良き時代を思い起こせるRPGという触れ込みであり、FFシリーズの外伝でもあるので期待して到着を待っていた。だが、いざ遊び始めてみると意外にユーザビリティが低く、ちょっと残念な思いがしている。まず不便に感じたのは世界マップが見づらい。小さい3Dマップであるが、地図上の情報がシンボルではないため、目的地がわからなくて困った。これではマップの意味がない。また、ダンジョンでのオートマッピングも用意されていない。まだ序盤でそう大きなダンジョンではないため、そう苦労することはないが、「古き良き時代」を再現するためにあえてそうしてるのであれば、方向性が違うよと感じてしまう。メニュー画面での他のキャラに移動する際の操作も、いちいちキャラの詳細情報から抜けて、次のキャラを選択しなければならない。LRでキャラを回転させるという滅多に使用しない機能を付加するより、キャラ選択の機能にしてくれたほうがありがたい。ドラクエで着せ替え機能がちょっと評判になったので尻馬に乗ったのかとも勘ぐってしまう。ミニゲーム的なギミックで盛り込まれてと思われる町の中のお宝探しも意外と難解で、最初はあちこちでAボタンを押しまくったが、なかなか発見できず、最初の町以降は放置している。面倒な割には達成感もなく、不要なギミックだったような気がする。ストーリーについても、突然仲間と別れたり、猫とパーティを組んだりと、やや唐突な展開が多く感じられる。あるひとつの目的に向けて冒険を進めているのではなく、振り回されている感じがして、ストーリー展開を楽しめない。まだ序盤しか遊んでいないので、今後はもう少しストーリーに引き込まれていくのであればいいが…と、ややうんざりしながらプレイしている状況である。現在のゲームのように、すべてが簡明な親切設計であるより、やや不親切で自分で発見する喜びや、友人と情報交換する楽しみを盛り込んで、「古き良き」を表現仕様としたのかもしれないが、遊んでてストレスを感じてしまうのは困り者である。

□魅夜/53歳/男性□


■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング