ベイグラントストーリー

2000年2月10日スクウェアよりプレイステーション用ソフトとして\6800で発売

総合得点 80.16点 80.gif (883 バイト)
大変面白かった 37% 30.gif (853 バイト)7.gif (828 バイト)
面白かった 41% 40.gif (861 バイト)1.gif (815 バイト)
普通だった 11% 10.gif (833 バイト)1.gif (815 バイト)
つまらなかった 9% 9.gif (832 バイト)
大変つまらなかった 2% 2.gif (818 バイト)

(対象人数243人)

1999年2月10日、「ベイグラントストーリー」は発売された。折しも、新ハードであるPS2が発表され、世間の期待が一気にそこに集まっていた頃である。続々とPS2専用ソフトが発表され、その映像美に誰もが酔いしれていたが、このゲームのクオリティとインパクトは、決して次世代機のソフトに引けを取らないほどのものだった。

ゲームのクオリティやインパクトを語る際、えてして映像のクオリティだけに偏りがちである。特にPS2が発売された今は、ついPS2の持つパフォーマンスに惹かれてしまいがちで、ゲームの本質を見落としてしまうことも多いだろう。「PSはもう終わった」とか「PS2こそが面白いゲームを作れる」とか思っている(思いこんでいる)人もいるのではないだろうか。もちろん映像は良いに越したことはなく、緻密なグラフィックでしか表現できない世界観もあるし、それによってプレイヤーも容易にゲームの世界にのめりこむことができるだろう。そのため、TVCMや店頭で素晴らしい映像を見ればその説得力に負けて「面白そうだ」と思ってしまうのもある意味仕方のないことかもしれない。

もちろんスクウェアの作品だけあって、「ベイグラントストーリー」の映像は素晴らしい。緻密で滑らかに動くCGとポリゴンムービーは必ずプレイヤーの心を掴み、その世界に引きずり込むだろう。だが、本作はけっして映像だけにこだわった作品ではない。それはあらゆるところに見られる制作者の作り込みを見れば一目瞭然であろう。

まずその作り込みは世界観に表れている。バレンディア王国には王国議会と法王庁議会の二つの勢力が存在し、カルト教団メレンカンプの主宰者であるシドニーが、バルドルバ公爵邸を占拠したところからストーリーは始まる。

王国議会の命を受けて、主人公アシュレイは公爵邸占拠事件を鎮圧するためにシドニーを追跡するが、邸の中で彼と運命的な出会いをすると、逃亡したシドニーを追って城塞都市レアモンデに侵入していく。また、法王庁のギルデンスターンもシドニーの持つ“ある力”を手に入れるために後を追い、同じようにシドニーを追うアシュレイの妨害を始める・・・。

アシュレイとシドニーの対立を主軸に置きながら、そこにギルデンスターンの野望が絡まり、物語はアシュレイの失われた過去やレアモンデの秘密にまで迫っていく。なんとも奥深く、そして大人の雰囲気が漂うストーリーだ。ここでは簡単に説明しているが、実は世界観はもっと緻密で計算されたものであり、一言では説明できないくらいのバックボーンが存在する。このような徹底した作り込みは、ゲームそのものを上品に、そして味わい深くしている。

一方で、作り込みの見事さは戦闘システムにも及んでいる。ウェポンはブレードとグリップの二つから構成され、それらを組み合わせることによって、新しいウェポンを作り出すことができる。また、アイテムには材質があり、それを合成して別な材質を生み出すことも可能である。だが、このウェポンを始めとするアイテムの生成パターンは数百種類にも及ぶうえ、ゲーム中に明確な指標が無いこともあり、とても複雑に感じる。いざ新しいアイテムを作り出そうとしてもプレイヤーは何をどうすればいいのかわからなくなるという状況に陥るのだ。

さらに、戦闘では敵に合った戦い方をしなければあまりダメージが与えられない。敵には、種族、属性などがあり、最も効果的なパラメータを持つものを装備しなければなかなか勝てないのだ。また、ウェポンは敵と戦うことで属性パラメータなどが増減するので、考えてウェポンを使わないと中途半端なものになってしまい、どんな敵にも決定的なダメージが与えらないようになることもある。

要するに、ウェポンの作成、そして敵に合った選択を熟知するかどうかにより、戦闘時の難易度が大きく変わってしまうのだ。ウェポンにしろ戦闘方法にしろ、あまりに作り込みが見事なため、皮肉にもかえってプレイヤーを混乱させてしまうのである。

ところで、本作にはアビリティというシステムがあり、それを連続して使えるかどうかも重要なポイントである。アビリティにはチェインアビリティとディフェンスアビリティがあり、攻撃する瞬間、あるいは攻撃を受ける瞬間にボタンを押すことによって、HPやMPを回復させたり追加ダメージを与えたりすることができるのだが、そのタイミングはとてもシビアなので、アクションが苦手に人にはやっかいなシステムかもしれない。しかし、一度連続して決まったときの爽快感を覚えてしまうとなかなかやめられなくなるのがアビリティの魅力であろう。

以上のように、「ベイグラントストーリー」は非常に難易度の高いゲームである。しかし、逆に言えばそれだけ作り込まれているということだ。たしかにこのゲームは敷居の高い作品かもしれないが、それをなんとか乗り越えてみれば、制作者のゲームに対する意気込みと真摯な姿勢を感じることができるだろう。そして、そこにあるのは「本当に面白いゲームとは何か?」という制作者の問いかけなのかもしれない。

PSの円熟期に登場した本作をプレイしてみて、まだまだPSが終わってないハードだということを思い知らされた。終わってないどころか、これからだという気にさえさせられる。それはやはり、ゲームの善し悪しを決定づけるのはハードではなく、長い間培ってきた制作者の技術だからではないだろうか。そしてその技術が真に発揮されるのは、まぎれもなく円熟期を迎えた今なのである。

(ゲームいろいろ情報ライター:緋澄光一)

◆大変面白かった人のレビュー◆

旧スクウェア、あのFFTの製作チームが手がけた3DアクションRPG.levelという概念はないが、システムの重厚さにびっくり。10種類の系統の武器・5種類の防具の合成、系統別の技を憶えたり、キューブを動かしたり。一番目新しかったものがチェインアビリティ。タイミングに合わせてボタンを押すことにより連撃が可能(段々タイミングがシビアになるので確証はないがおそらく無限に)。最初はとっつきづらいものの、戦略性、臨場感、ストーリー展開などは流石としか言いようがない。ただ一つ難点だったのがメモリーカードを3ブロックも使うのでセーブが遅いことぐらいか。

□zero/19歳/男性□

ファミ通クロスレビューで満点を獲得していたけど、もう満点じゃ足りない!ってくらい面白い。グラフィックの綺麗さも凄まじい限りで、考えて戦わないと勝つのが難しい戦闘システム、世界観と絶妙にマッチしている音楽、そして濃密で奥深いストーリー。とにかく雰囲気が格好良く、演出がまたすごい迫力。キャラも皆個性があり、魅力的になってる。少し(いやけっこうかな?)気になったのはチェインが無限に続いていまい、ボスでもプレイヤー腕によっては考えなくても倒せてしまうこと。でもそれを除けば本当に凄いゲームなので、松野作品好きでなくとも是非プレイしてほしい、いやプレイしておかなければならないと思う。

□るんぺん/19歳/男性□

古いソフトになるが、以前から気になっていたのでやってみました。とにかく、センスがよいと感じます。特殊な戦闘は面白く、背景の質感は、PSの画面の粗さで逆にすごく良いです。PS2のほうが、かえって背景がギラギラしたゲームが多いと思います。ただ、武器の合成が自力でやるにはむづかしいとかんじます。

□はし/23歳/男性□

オープニングのムービーでやられました。まるで映画のようなクオリティ。個人的に大好きな中世のヨーロッパを舞台にした世界感、当時としてはキレイすぎるグラフィック、謎解きも含まれているストーリー、戦闘スタイル、どれをとっても最良の、これ以上ないと言える面白い RPG でした。確かに FF シリーズや ドラクエなど面白い RPG の決定的なスタイルとは少しずれているけれど、RPG が本当に好きな人ならば、絶対に楽しめると思う。"2" に期待したいです!

□しましま/21歳/男性□

少し前のソフトですが、もともと割に評価の高いソフトではあったので、その期待通りではありました(^-^)実は私は中古ゲームソフトショップで働いてますが、未だに人気作ですね。ストーリー的には、ヨーロッパ中世的なものを感じます。あんまり明るい雰囲気のあるストーリーではないですが、その分重みがあって本格的な舞台構成を望む人に向いてます。パラサイト・イブ1作目のようなアクション系RPGですが、特徴としてバトルはともかくダンジョン移動中にとても頭を使わされるタイプです。パズル的要素が高く、ボタン操作もかなりシビアです(←苦手分野だから大変でした)「絶対ムリだって!!」と何度思ったことか(^_^;)ボタン操作に自信のある方は是非やってみられては?なお、このゲームは2週目にならないとプレイできない部分がありまして、コンプリートを目指す方も多いようです。クリアまでとんでもなく時間がかかったけど、とても面白かった。続編作ってくれないかな。

□ぱたぽん/34歳/女性□

友人から薦められて、何気なくプレイしたのですが、その演出のかっこよさ、渋さに感動しました。ポリゴン数など、同社のFFシリーズには遥かに及ばないものの、独特の世界観、シナリオの展開の絶妙さで、それを補って余りあるものがあったと思います。あまりゲーム誌などでは、とりあげられる機会は少なかったのですが、この作品は、間違いなく名作だと思っております。

□jaramadora/32歳/男性□

実はまだ全クリをしたわけではないし、全然進んでないのだが、いまのところ、かなり楽しんでプレイしています。画面もきれいで、操作方法もなれると楽しいような感じがします。これから、頑張って全クリしようと思います

□ぶぎ/14歳/男性□

夢にみてた「フル3DアクションRPG!」フルリアルタイムではなかったが、またSQUAREの凄さを知らされた。このゲームは音楽、グラフィック、世界観、性能生、ストーリ、デザイン、全てにおいて僕好みでした!3週目に突入したけど、只今、武器改造にハマっています、ストーリそっちのけで…。(笑)

□ルウ/16歳/男性□

こんなゲームを待っていた!という感じをプレイしていて受けました。オープニングからのFFやドラクエをしのぐ、映画さながらのカット割や微妙な光の陰陽など、プレイに向けての雰囲気つくりは最高。もちろんゲームシステムも確立されていて、特殊ながらも違和感なく入り込める。でも一番ひかれたのはその世界感。ミステリアスで冒険性に満ち、しかも秘められたドラマがある。即映画にでもできそうなシナリオにも圧巻。ポリゴン割りも切れ目がまったくなく超ハイレベルだし、久々にRPGをプレイしてドキドキしました。複数回プレイが前提のゲームだが、それだけの価値がこのゲームにはある。ザッツ・エンターテイメント!!!

□シロウ/20歳/男性□

登場キャラがかっこいいし、本物の映画を見ているみたいにげ-むの世界に浸れます。CGはゲーム中には全く出てこないといったところでもかなり評価が高くなるでしょう。グラフィックやカメラワーク、ストーリーはどれをとっても文句はないでしょう。難しい、初心者向きでない等とよく言われますが、挑戦してみる価値は大いにあると思います。

□dodo/17歳/男性□

ストーリーの謎が面白く、映画を観ているようです。武器などの合成は少しややこしく、コンテナのチェックの度にロード、セーブするのが面倒。バトルは、アクションっぽいタイミングと付け加える効果が重要で、敵の弱点部分を選んで攻撃できたり、飽きさせない。久々にはまり込んだ渋いゲームです。

□マス王/29歳/男性□

難しい。アクションRPGはだからいやなんだよなぁ。なんて思っていたけど、やり込めばやり込むほど楽しくなってくる。敵が固いのが気になるけど、久々に楽しく遊んでます。

□ひろりん/29歳/男性□

リスクって怖いね~ 初めてじゃないかな?アクションRPGで感情がゲームに関係してくるなんてことは 今までなかったもの。あとは グラフィックが綺麗だったけどPS2で出しても良かったと思う。あそこまでリアルに作ろうとしてるのにPSのスペックが追いついていなかったように思える。

□むにゅむにゅ/21歳/男性□

操作や、敵が強すぎるという不満点はあったが、作り自体がしっかりしていて、面白かった。あと、見る側の視点も、まるで映画を見ているみたいで、思わずのめりこんでしまった。

□yu-ta/17歳/男性□

たくさんの武器があって武器の種類によっていろんなブレイクアーツがあって戦闘も迫力があってすごく面白かったです。ほかにもパズル見たいな仕掛けとかもあって進めた時のは、すごく嬉しいです。

□晃/15歳/男性□

絵の美しさというか見せ方のセンスは群を抜いてすばらしい。操作性等もよく練りこまれていてただ操作しているだけでも楽しめる。難しいといえば難しいが、久々にやりがいのあるGAME。

□幸三郎/29歳/男性□

久々にはまりゲームでした。バイオハザードとPEを足して、怖くなくてファンタジックにして、RPG要素を強めてスクエア風にした様な(わからんかも)ゲームでした。最強武器とかがクリア後も探せる。(1回目のクリア時は多分持っていることはない)やり込み好き向け。

□hitats/31歳/男性□

大変面白かった。昔PCではやったペルシャの王子(たしかそんな名前だったと思うんだけど)をすこしほうふつとさせる感じのゲームでした。工夫あり、ストーリーあり、なぞを解く快感あり、今までにないジャンルをスクゥエアは開拓したなと思った。3Dはなれないと見にくい印象もあるが、なんとなくPS2をにらんだ作りであるような印象もあり、これからのPS2のゲームはこうなっていくんだろうなという感じでした。

□ゆみたろ/30歳/女性□

今まで、バイオハザード系のゲームはあまり好きじゃなかったけど、ベイグラントストーリーは、かなり気に入ったので、これからああいうゲームをやっていく気になりました。

□グウェン/20歳/男性□

幻想的なグラフィックは最高です。マップの構成も、最初から最後まで全てのマップがつながっていて、良くできています。部屋ひとつひとつに名前が付けられているのも面白い。とりあえず1度クリアーしましたが、マップの達成率がまだ84%だったので、2回目は100%目指したい。おそらく1度で100%は無理みたいです。後をひく感動的なラストもよかった!とにかく出てくるキャラクターに、みんな個性があってかっこよかった!ぜひ今度は、プレステ2で続編を出してほしい作品です。

□MASU-P/29歳/男性□

バトルシステム、ストーリーといい申し分ない作品だった。ただ、武器防具の合成システムが複雑過ぎな所、セーブをアイテムを預けるたびにしなければならないというのが唯一のウィークポイントだと思う。

□T.Y/16歳/男性□

サウンドはカナリいいほうです。音質、曲ともに雰囲気を盛り上げてくれます。グラフィックも美しく(ムービーは必見!)、カメラワークが凄いです。イベントシーンでは、ホントに映画を見ているみたい。でも、これは皮肉ではなく、そんなものを超えた凄さです。また、システムが非常に充実していて、やりこもうと思えばいくらでもやり込めます。ボス以外は、初心者の人でも、とりあえず良く考えながらプレイしたら何とかなる、といったぐらいの難易度。ただ、ボスが強すぎる。相手の弱点とかが分からなかったら何時までたっても勝てない可能性もあります。まあ、そこがハラハラドキドキしていいんですけど。欠点はセーブ時間があまりにも長すぎるといった事ぐらいでしょうか。あと、ちょっとゲーム画面が暗めなのも気になったかな。でも、それ以外はGOODなゲームだと思います。

□えっくす/14歳/女性□

ベイグラントストーリーは、内容が濃かった。例えば武器や、防具などの合成、そのものの材質や特殊能力が合成によって、能力が、上がったり、下がったりする。普通のゲームと違うのは、チェインという攻撃時のタイミングでボタンを押し、成功すると、連続攻撃が可能。というシステム。慣れるのが大変だったが、慣れればかなり楽しくなる。

□のびのびた殿下/13歳/男性□

ゲーム中に登場する建物の構成や映像がすばらしく、謎解きのパズルゲーム的感覚もあり、クリア後の2週目からでも1週目以上に楽しく遊べる。ファイナルファンタジータクティクスのファンには特にオススメです。

□gasaraki/14歳/男性□

最近のスクウェアではまずピカイチのソフトです。ファミ通レビュー満点はやはりだてじゃありません。ゲーム性、ストーリー性、操作性、グラフィック、アクセススピード。何をとっても素晴らしい。PSのポリゴンデモでここまでできるんだ、と技術とセンスを見せつけているようなあの映像美。スクウェアがPS2で本気を出したらどんなことになってしまうんでしょう...ただし、いくら優れたソフトといっても皆が楽しめるモノではないのです。あのシステムのややこしさ戦略性の高さはどうしてもユーザーを選んでしまうのです。だから、やるからには覚悟を決めてからにしないといけません。まるで、SFCの「フロントミッション」みたいな感触でした。

□おた/17歳/男性□

このゲームといえば、戦闘の楽しさです。チェーンをたくさんつなげるのはとても爽快です。いまは武器・防具の合成にはまってます。ストーリーも、ダークで興味深いものです。グラフィックも一見荒く見えるが、このストーリーにふさわしい雰囲気を出しています。

□サンジヤン/24歳/男性□

スクウェアには失望させられっぱなしだったのだが、このゲームは別格。キャラ銘々の表現の仕方が妙に緊張感を煽ってくれるので、ぐいぐい引き込まれてしまった。

□M & M/21歳/男性□

言い表しようのない素晴らしいグラフィックには久しぶりに驚いた。サウンドもぴったり、ストーリーもおもしろくゲームシステムもよい。ちょっと残念なのは画面が暗くて見ずらいところ。ただ最近のゲームソフトのなかでは最高ランク。

□れーじ/15歳/男性□

ムービーを使わず、ポリゴンアニメーションのみで演出を行うソフトとして、もっとも完成された作品。パズル面でのマイナス要素を大幅に上回るアクション面での素晴らしい操作感や、ストレスを感じさせないローディングなど、グラフィックでの特徴だけではない、技術的なアプローチも感じられる秀作です。

□kouji/24歳/男性□

このゲームの主人公のアシュレイ・ライオットのキャラクターが、大変すばらしかった。それと攻撃方法が、パラサイト・イヴみたいで個人的によかった。あとストーリーも先が全然読めなくて「この先どうなるんだろう?」なんて思いながらプレイしていました。

□クロノ/15歳/男性□

まず、1回クリアして思ったことは、「もう一回プレイしたいなー」という、<飽き>がこなかったというのがよかったです。発売から約1ヶ月経つというのにいまだに楽しんでいます。かなり良い作品だなと思います。

□ぷれすて/16歳/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

ストーリー全体が一つの映画になっているような構成になっていた.オープニングがすでに本編のプロローグとなっており,オープニングをスキップしたら,本編の内容を理解するのが困難.スタートと同時に戦闘が始まり,次がどうなるのかわからないままストーリーが進む.戦闘の設定が細かく指定でき,他のソフトと比較して,自分の戦略が行かすことができる点を評価したい.いくつかの条件をクリアすることで得られる”称号”獲得もこだわってみたいソフトであった.

□小林/28歳/男性□

まだクリアしていないがなかなか面白い。聖剣伝説系の操作かと思いきや、クロックタワー+バイオハザードって感じだ。戦闘方法がイマイチだが、ストーリーはたのしめそう。戦闘がリアルタイムバトル(?)な感じだったら完璧だったのになぁ・・・とちょと残念

□mao/21歳/男性□

まず、基本的には満足した。操作性もグラフィックも音楽もどれをとっても良いと思う。キューブを使っての謎解きや、ジャンプするタイミングが難しいところなどはかつてのファミコン時代を彷彿とさせる。ただ、ストーリーがところどころで挿入されるがいまいち全体をつかみにくくて分かりにくい。また、攻撃魔法にあたるものが効果が弱くて存在意義を無くしているように感じる、アイテム(特に武器、防具)がすぐに持ちきれなくなる上、倉庫にもあまり置けないなど、細かい気になるところがあるが、この雰囲気や世界観を好きだと感じたならば一度は触れてみることを薦める。FFから始まる「映画のようなゲーム」という表現、まさにこれこそがそうだと思う。

□ちょっちゅね/23歳/男性□

美しいグラフィックとサウンドに感動しながらも、単純に「経験値が一定値に達するとレベルアップ」「お金を貯めてアイテムを買う」という従来のRPGに慣れていると最初は戸惑う。しかし、やっているうちに、キャラクターではなく武器や防具が成長したり、チェインアビリティと呼ばれる多彩な特殊技など、独特のシステムが軌道に乗り始めると、だんだんと面白くなってくる。データを持ち越して何回も挑戦できるのもいい。そうしたゲームの難点として「初回が厳しい」のは避けられないが、それを乗り越えれば、じっくり長く楽しめる。不快だったのはパズル風の謎解き。ただでさえ難しいうえに、薄暗い3Dダンジョンで見にくいのが拍車をかけた。これだけは配慮が欲しかった。

□Tama/34歳/女性□

天下のスクウェアのソフトということで前評判も高かった。けれども自分の評価はそこそこ。出来ることは多く、よく考えられ、ゲーム性もあるし、バックグラウンドもありで、さすがといえばさすがなのだが、プレイしてて寂しい。ゲーム中、主人公は一人で走り回り、切りまわる。ジャンプし、箱を転がす。モンスターはいくらでも出てくる。ボスも大きい。けれども広いマップ上に「ヤアー」とか「トウー」とか言う掛け声が空虚に響き渡るとき、一抹の物悲しさを感じてしまうのだ。ゲーム上でももっと人と接したかった、ということです。

□celloemon/27歳/男性□

ナルホド、高い評価を得るだけのソフトだと思った。シナリオは「???」と思うところがあったが、イベントの演出やグラフィックなどは秀逸。操作もレスポンス良く反応するので、ストレス無くプレイできた。また、やり込みを促す要素も盛り込まれているところ等は、嬉しいところ。ただ、難点を挙げるとすれば、システムの難しさ。イベントやシナリオがスムーズに進む反面、それにキャラクターの成長がついていかず、
ボス戦などに時間を費やすパターンが多いところ。 また、カメラ位置を動かすことができるものの、結局物陰になってしまいキャラの位置がわからない場面も多分にあるなど。個人的に感じたところなので、全ての人がそうだとは思わないがこの部分は惜しい。まぁ、それを差し引いてもプレイする価値のあるゲームだと私は思います。こつこつとキャラクターを育てるのが好みの人にはかなりオススメかと。

□真司/24歳/男性□

まずストーリーですが、物語は非常に面白く世界観にぐいぐい引き込まれていきました。ただシステムが多少ややこしく、中盤あたりからサコ敵相手に戦うのが少々めんどくさくなりました。もそれともうすこし音楽がよかったらいいなと思います。絵はゲームの世界観をよくあらわしていてとてもよかったと思います。

□クレス/18歳/男性□

音楽、ストーリーやグラフィックは世界観に合っていて、良い意味で「映画を見ているみたい」で、素晴らしいと思いました。ほとんど言う事無しなのですが、ただ面倒な要素が多すぎるように感じました。属性や種族などによって武器の性質が変わるのは良かったのですが、敵が1体代わるごとに装備変更しなければいけないのはさすがに疲れました。ロードはそれほどでもないですが、セーブ時間もカナリ長いです。また、難易度が高いため、少し気を抜いたら即GAMEOVERになってしまいます。そのため、プレステの電源をつけるか迷う時があります。それでも、やり始めると悔しくなってもう1回やろうと思わせるぐらい面白いんですけどね。

□あしゅれい/14歳/女性□

ゲーム自体は大変良くシナリオも構成されていたが、小学生や中学生ぐらいまではかなり難しかったのではないかと思う。もう少しわかりやすいシナリオにしてもらえればと言う事でそのような評価になった。

□ナオキ/19歳/男性□

映画のオープニングのような導入部分に引き込まれるようにしてプレイしていきました。システムが最初わかりづらかったものの、慣れてくると武器作りに熱中したりいわゆるコンボをつないで敵を倒すことにも没頭しました。何度もプレイしていくうちにストーリーもさらに見方がかわったりといろいろ楽しめました。

□ごろうまる/29歳/女性□

アクション系ゲームが苦手な私でも、さほど苦もなくプレイできた。武器や防具の作成は面倒な反面、なぜか夢中になってしまうのが不思議。その作成に興味がない人間にとっては苦痛なだけかもしれないが。また連続攻撃と言えるchainもタイミングを覚えることができるかどうかで評価が別れるところだろう。ストーリーでは謎というか思わせぶりな部分が多く、少々スッキリしない点が気になる。続編への布石かもしれないが、あざといやりかたではないだろうか?

□カラヤアイン/39歳/男性□

ゲーム中でムービーを使わずに演出していてあれだけできるのはすごいことだ。装備品を鍛えていく感覚が大変いいと思う。ただ、システムがとっつきにくく、一般受けはしないと思う。

□とみー/21歳/男性□

イベントシーンは、映画のようで最高にかっこいい!ただし、イベントにたどりつくまでのダンジョンの戦闘がかなりだるい。気を抜くと雑魚敵にすらやられてしまうほど難易度が高く、アクション性も高いため、素人にはおすすめできない。武器を合成したり、マップの達成率を100%にすることに楽しみを見いだせれば。ハマれるのでは?

□ASD/19歳/男性□

システム的に面白いが、やはりタクティカルSLGとしても、ドラクエ式RPGとしても成立してない中途半端さ。ストーリーは、引き込まれる。なにより、音楽がいいです。

□KEI/25歳/男性□

さすがに「伝説のオウガバトル」「タクティクス・オウガ」の松野チーム作品♪ グラフィックも操作性もマル!です。ただ、やっぱりタイミングがとりにくい。(^-^;  ボタンを押してから敵にヒットするまでの時間が武器によって異なるので、なかなかチェインのタイミングが覚えられません。(いまのとこ最高5チェインくらい…) まあそれだけきちんと作り込まれているということなので、いいのですけど。ときどき挿入されるムービーが盛り上げてくれ、「この先どんなふうに展開してゆくのだろう?」という期待感を持たせてくれます。(ムービーと聞くと「何度も見なくちゃならないからイヤだ」と感じるひともいるかもしれませんが、スタートボタンで飛ばせるようになってるので鬱陶しさはありません。)…と、ほとんど褒めてばっかですけど、実はまだクリアしてない(^-^; のでいちおう「面白かった」にしておきます。

□ぴあにしも♪/27歳/女性□

音楽、ストーリーはとても良かったけど、装備品などの成長がいまいち分かりづらい。チェインアビリティーが無限に繋がるなど、少々不満はあるけど、とてもやり込みごたえのあるゲームだと思う。

□ちゅう/21歳/男性□

戦闘は、チェーンがあってコンボさせるのが良かった。また、チェーンするとリスクというのがあってこれにより命中率が変化するのがなかなか出来ていると思った。駄目だと思ったのは、アイテムがすぐいっぱいになるのに預たり、出したりするのがメモリーカードチェックが長くていらいらした。

□JIN/20歳/男性□

まあ、あれだね。ファミ通で満点取ったらしいけど、それほどのゲームじゃないね。確かに面白いよ。飽きが来ない内容になってるしね。ただ、わかりにくい。むずかしいのではなく、説明不足。それでも、このゲームは好きだね。ロマサガ2的な面白さがあるね。やりこむほど、味が出てくる。今のゲーム事情には逆らっているけどね。

□yuuti2way/25歳/男性□

操作は簡単だったが、敵との戦闘が面倒だった。一体を倒すのに時間がかかりすぎたり、セーブ時間が長過ぎるのに、アイテムの管理のたびにセーブしなくてはならないのにストレスを感じた。ストーリーは面白いし、グラフィックも上等なので、それが残念だった。

□裏D/19歳/女性□

ストーリーは文句が無いが、げーむシステムの敷居が高い。どちらかというとマニア向け。チュートリアルなどもう少しわかりやすくしたほうが良い。しかしスクウェアからの久しぶりの腰を据えてできるゲームには違いない。

□もね/22歳/男性□

始めたばかりの頃は、このゲーム独特のシステムが楽しく思え一気に内容を進めていったが、最後の方で画面が暗く穴に落ちまくって、なかなか先に進めなかったりしてやる気がそがれた。受けるダメージも一発で350ぐらいくらって即死することがあり、やるきをなくす。パラメーターの上昇方法がランダムすぎてきにいらない。以上が悪いところだが、チェインシステムはとても楽しく、武器を育てるのも楽しい。点数をつけるとしたら、85点はかたいと思う。

□inamura007/20歳/男性□

全体的にはいい出来だったと思うが、細かいところは少しあった。まず、難易度が高めになっていること。雑魚で死にまくるのはどうかと思う。あと、イベントシーンでのポリゴンが粗いのが気になった。

□kozo/17歳/男性□

一見ADVだし、ストーリーやキャラクターに惹かれて購入した人は多いと思う。が、難易度はかなり高いSLGチックなACT。やり込めばやり込むほど味わい深いし、それを主眼に置いたゲームなのは分かるが、もっと初心者やACT不得手に対する、チュートリアルや難易度設定等の配慮も欲しかった。

□ARIKA/19歳/男性□

ストーリーはたいへんよくすごく魅力的で、ゲーム性も非常にある。しかし、そのゲーム性が非常に高すぎるせいか少し敷居が高くなってる気がする。難易度も高めだと思う。年少のユーザーには少しむずかしいと思う。それでもやはりキャラクターの魅力とストーリーの奥深さには素晴らしいものがある。台詞まわしにもすごくこっていてよかった。心に残る作品だと思う。

□タナトス/21歳/男性□

武器が育つ、チェインなどがあって面白かったが、バトルフィールドを広げて敵の動きを止めての攻撃はリアルさがないように感じた。ギレンの系譜を買えば良かったかも。

□hide2nd/23歳/男性□

◆普通だった人のレビュー◆

キャラクターや世界観に興味を持って、すごい期待をこめてプレイしたけれどガッカリした。俗に言われていた「人を選ぶ難易度」は本当にきつかったけれど、それ以上にゲームの展開が悪かった。これを作った人はSLGばかり作ってきたから、デモの挿入がSLGのタイミングみたいでテンポが悪かった。ダンジョンとストーリの説明のバランスが悪く、わからない事ばかりのまま進められた。

□星の子/20歳/男性□

オープニングのムービーがなかなかきれいだった。それから、攻撃時にタイミングよくボタンを押すことによって、コンボができる天などはなかなかよかったが、ステータスが面が最初よくわからず、なれるまでじかんがかかり、武器の強さなどもわかりにくかった。

□とにょ/21歳/男性□

◆不満点があった人のレビュー◆

はっきり言って意味不明。どうやって楽しめばいいのかぜんぜんわからない。これほど、プレビューと自分の感想が食い違うのも珍しい。ぜんたい、主人公の攻撃が弱すぎて話にならない。(武器合成すればいいの?)ボス戦なんて、60分のつまらん作業。カウンター(敵の攻撃の30%を跳ね返す)しか、攻撃が通用せず、あとは敵から、ちまちまMPを吸い取って回復して逃げて、再びカウンター。この繰り返し。うーん、どうやって遊ぶの?教えてください。

□ねこすけ/27歳/男性□

ゲーム雑誌(ファミ通)で、評価が高かったが、不満な点があった。操作できるのが一人だけで、転職もできず、特に特技もないので、チェインアビリティをつなげていくしかない。魔法、ブレイクアーツの効果もイマイチなので、戦略性に乏しく、単調になる。また、マップもわかりづらい。パラサイトイブによく似た印象をうけた。2周目の途中で飽きました。

□かぶ/39歳/男性□

前から気になっていたソフトだったので、最近購入した。やってみた感想としては、ストーリーには満足。グラフィックも大変綺麗でよかった。ただ、RPGの要である戦闘には、多くの不満が残った。この作品の戦闘では、敵の種族、属性などにあわせた武器を使用しないと、ほとんどダメージが与えられない。それぞれの種族、属性に合った武器を成長させる必要がある。また、敵によっていちいち武器を変更しなければならず、敵に出会う度にメニュー画面を開かなくてはならない。これらの作業が、大変煩わしく感じた。ほかにも、武器や盾、防具の合成システムがあるが、これも大変わかりにくい。組み合わせの数が膨大にあり、また、武具の材質もそれぞれ7種類くらい用意されてあり、気が遠くなってくる。このゲームをやって思ったことは、この作品はあまりにも極まり過ぎており、やっててものすごく快感な人と、ぜんぜん面白くない人に分かれるということだ。私は残念なことに後者であった。万人に進められるゲームではないが、完成度の高いゲームだということは確かだ。

□ドンちゃん/21歳/男性□

人物・建物のポリゴンなどの質感が良くできていると思いました。が、「良くできている=面白い」かと言うと・・・理解しづらいストーリー・システムはもう少し説明が必要なのではないでしょうか?(1回目のプレイじゃ訳が分からなかったです)。画面の明度による見づらさも気になりました(暗い部屋に入ったら何も見えないのはどういうことでしょうか?)。雰囲気が良かっただけに、ゲームとして楽しめるモノだったら最高のソフトになったかもしれないと思いました。

□さぼり/22歳/男性□

アクションRPGが好きで試したんだけど、期待はずれ。パラサイド・イヴと似てて、1回1回敵を叩くのに時間がかかりすぎ。聖剣伝説またはウィローのように敵を叩ける方がやりやすい。戦闘は早い方がいい。また、プレイ方法に慣れるのに時間がかかる。英語が多すぎて装備やステータスがわかりにくい面も。もっとやりやすく、わかりやすいプレイができないと人気を呼べない。ストーリーもわかりにくい。

□こじか/24歳/男性□

ストーリー、演出が良く、物語に引き込まれる雰囲気があります。大変わくわくしました。ただ、ゲームシステムとしては、中途半端なアクションシステム、面倒な装備と武器の成長システムなど不満が残ります。特に、戦闘中に相手により武器をかえる必要があること、そのためにいちいち装備画面を開くのは耐えられませんでした。魔法etcを使う際もアクションが一時中断し、ゲーム性を損なっていたと思います。松野さんの作品である事もあり、その後のストーリーが気になるものの最後までプレイしませんでした。松野さんの次回策に期待します。

□なんかね/32歳/男性□

難易度が異常に高いのが不満である。本作では武器を合成することにより、敵と対等に渡り合い、又、敵によっては武器を変更することでダメージを増幅できるのであり、それがセールスポイントなのだが、武器を変更するのにウィンドウを開くのは、物語を進めるにつれ面倒になり、武器を合成する楽しみもえられなかった。よって敵を倒すのに手練手管をつくしても無意味に終わることが多く、不快感を感じた。敵とプレイヤーのダメージ量にも大差がある。

□ズビグニエフ・チブルスキー/19歳/男性□

スクウェアのFFTチームが作ったソフトなので期待して購入した。しかし、武器のレベル向上や合成、難しいアクションやパズル等があるのは仕方ないが、攻略本が無いと攻略出来ない感想があった。

□永田/33歳/男性□

はっきりいって大変つまらなかった。他人の意見では結構というよりかなり評価されてはいるが、私はいらいらして途中で止めてしまった。パズル的な操作は大変おもしろかったが、道具の出し入れの際のセーブが面倒であったし、何より武器の成長性というかああいうシステムは大嫌いだ。攻撃が当たりにくくなるカウントについてもいらいらしたし、FFやドラクエのようなRPGが好きな私が、これを買った事がいけないんだろうが、アクションRPGとは知らなかったし、本当に最近非常にむかついた一作であった。ストーリー的には最後までやっていないのでなんとも言えない。

□ひろっぴ/31歳/女性□

基本的には面白かった。さすがスクウェアと言ったところ。但し、チェーンのタイミングをつかんでしまうと、中ボスもラスボスも雑魚キャラと同じ感覚で戦いに入り、雑魚キャラと同じように簡単に勝ててしまうところが惜しかった。タイムアタックでもコンマ秒殺だし・・・・

□しげう~/22歳/男性□

第一印象が良いゲーム。最初はシステムがよく分からないのでそれが少しづつわかってくるのが楽しい。しかし、分かってしまうとそれまでで結局は底は浅い。その上メモリカードのアクセスが遅かったり、武器合成が面倒だったりなどの不満も多い。

□neck/27歳/男性□

全体マップがなく、マップのつながりがわかりにくい。合成するのに、BOXから出したり、入れたりが面倒イチイチ読み込むのに時間が掛かる

□こ~じ/26歳/男性□

評価が高かったので期待していたが,画面が暗くプレイしにくかった。又,コンテナを空ける度にセーブしなくてはならず合成をする気にあまりなれなかったしスムーズにゲームを進めることが出来なかった。前半敵が強すぎで,後半敵が弱すぎだったので,このバランスも良くなかった。ただ,マップを100%にしてやろうとか,モンスターのライブラリーの機能はやる気を出させる要素になった。

□hirom/22歳/男性□

期待のソフトNo1という事で、評判を聞いて買ってみたが、画面全体が暗く、またストーリーの進みかたも冗長気味。3時間程プレイして、投げ出してしまった。私がライトなユーザーのためかもしれないけど。ゲーム慣れしている人には、楽しいのかもしれない。

□真崎みつる/27歳/女性□

システムはパラサイト・イブのような緑色のドームは別にいいのですが、パラサイト・イブと違って、敵が攻撃する時に自分のキャラクターを動かすことのできないのが少し不満だった。

□耕平/13歳/男性□

キャラクターや、世界観、ストーリー、など引き付けるものがあるが、最近のゲーム同様、ライトユーザーを、意識した作りであり、プレイした後に、何か物足りない印象をうけた。

□K.O.G.D./25歳/男性□

ゲームシステムが難しくて全然先に進めなかった。この頃のスクウェアのゲームは単純に楽しめるものが無くなった気がします。

□YMINEON/34歳/男性□

一番の不満は、ウェポン・アーマーの合成。はっきりいって分かりづら過ぎる。リスクゲージも、増えるのが早すぎる。属性もイマイチ。 

□mihochan/21歳/女性□

ほとんどアクションだけで、ストーリーは申し訳無い程度にあるだけだった。RPGと思って購入しただけに大変ショックでした。すごく不満が残るゲームでした。

□うっちゃん/24歳/女性□


■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング