Velvet File(ヴェルベットファイル)

2000年8月10日ダズよりプレイステーション2用ソフトとして\6800で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

私はあまりSLGをやらないんですが、このゲームにはハマりました! 最初のうちは『リアクション』というシステムがいまいち飲み込めず、一度投げ出したんですが、だいぶたってからやり直すと意外と楽にシナリオモードをクリアできました。途中のミッションからかなり難しくなりますが武器の組み合わせ次第で大きく違いが出ます。それにロボットも結構かっこいいデザインで、ライフモードを出すと敵のロボットも使えるようになってもちろん武器も増えて何回もやってすべてもロボットをそろえる楽しみもあります!ぜひこのゲームを買った人は最後までやるべきです。

□のりお/20歳/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

まだ「面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆普通だった人のレビュー◆

迎撃システムに新しいものを感じるリアル系ロボSLG。戦闘把握がしにくい、ストーリーモードがわずか12面のみ等、商品として納得できないと感じた人は多いと思います。しかしヒーロー性を極力排除したメカデザインから想定される地味な戦闘バランスは個人的に好みではあります。その[結局は数の勝負]という部分に共感するのは、変な人の証拠なのかもしれませんが(笑)。ビジュアルの再現性&戦域確保が重要な戦闘は評価できるだけに、もう少し練り上げて欲しかったです。

□KIKI/31歳/男性□

◆不満点があった人のレビュー◆

PS2初の戦術系SLGという事で期待して買いましたが、辛いです。肝の戦闘システムは通常移動や通常攻撃に特技値を混ぜてコマンドを選択するとリアルタイムっぽい戦闘が始まるというモノ。しかしやっている事は今までのSLGと大差無く、マップ上の全機体が常に動いているのでは無くて行動順の来た機体の動きをリアルタイムっぽくしただけ。結局、そのリアルタイムっぽい戦闘シーンをPS2のパワーで見せたかっただけの様です。これならメルティランサーRや3の戦闘システムの方が余程リアルタイムらしかったです。一応、行動順の来ていない機体も敵味方関係なく事前に入力していた通りに回避行動をとったり反撃したりするのですが、この辺りはPSでも出ているパワードール2の臨機射撃と大差無いでしょう。更にゲームを進める上で、ターン制限が重く圧し掛かります。ちょっと厳し目に指定されたターン制限を守るには反撃を受けない様に敵の背後に回って攻撃するといった回りくどい事をやって居られず、かなりの確率で正面からの撃ち合いになります。すると、機体性能や乗員能力、ユニット数から厳しい戦いになります。ターンオーバーも迫ってきますし。で、結局、全滅したりターンオーバーでそのミッションを最初からやり直す事になると・・・確かにそうやって戦術を高めて行くのが醍醐味なんですが、ある程度SLGを経験した人でも取っ付きにくくて敷居が高いでしょう。また、シナリオモードで表示される1枚CGは前時代的な演出なので勘弁して欲しいです。「渋谷」ってな感じで観光地みたく見せられると某センチメンタルなゲームを思い出したりしてトホホです。キャラの口パク等の画面がブレたりするのは許せますが、メガCDのシャドウランかと見間違う様な背景はダメです。ゲームの肝が戦術マップにあるのでシナリオモードが疎かになるのは仕方ありませんが、それにしても陳腐です。シナリオモードをクリアしないとライフモードに入れないのもちょっと。ここで育てたユニットでVSモードの対戦をするのがウリならば、最初から入れる様にしておいて、初心者でシナリオモードが辛い人にはここで育てた強いユニットを使ってクリアしてくれても良いのだよ、ってくらいの配慮が欲しかったです。とにかく、プレイヤーを突き放した様な造りは、或る意味で評価すべきなんでしょうが、厳しいです。

□犬狼/29歳/男性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング