かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄

2002年7月18日チュンソフトよりプレイステーション2用ソフトとして\6800で発売

総合得点 81.26点 80.gif (883 バイト)1.gif (815 バイト)
大変面白かった 34% 30.gif (853 バイト)4.gif (823 バイト)
面白かった 45% 40.gif (861 バイト)5.gif (825 バイト)
普通だった 17% 10.gif (833 バイト)7.gif (828 バイト)
つまらなかった 3% 3.gif (820 バイト)
大変つまらなかった 2% 2.gif (818 バイト)

(対象人数381人)

◆大変面白かった人のレビュー◆

画面の綺麗さはもちろんよく、話の展開もすごく幅がでている。少々グロテスクな場面もあるが、とにかく選択肢によって話がガラっと変わるため、普通このように何パターンもあるゲームをするのにはマンネリしてしまうのだが、このゲームは飽きることなく最後の最後まで楽しめた。それにはもちろん便利なフローチャートが見られることも大きな要因だったとおもう。普通のRPGとは違う面白さを体験できる、いいゲームだ。

□ackmyuuw/21歳/女性□

前作をプレイしていたので期待していたが、その期待にかなう出来だった。中でも、音楽とビジュアルがとても鮮明で、世界観を深めるのに一役買っていた。マルチエンディングのため、何度でも楽しめるお得なシステム。前作をプレイした方も、そうでない方にも、おすすめです。

□じょにー/30歳/男性□

私は、ほとんどサウンドノベルというジャンルのゲームはプレイしないのですが、このゲームは面白かったです。前情報ではかなり怖いと聞いていたのですが、どっちがというとグロテスクなゲームだった気がします(笑)。それでもゲームを続けられたのはやはりストーリの面白さとシナリオの充実さのためだと思います。謎解きに関しては結構分かりやすいものだと思いますのでそんなには行き詰まることはないと思います。ただ、個人的にはバットエンドが多いような気がしました。正直もっとハッピーなエンディングを多く観たかったですね。

□eyuda/22歳/男性□

かまいたちの夜からだいぶん経っていて、久しぶりに元祖のサウンドノベルを楽しめるということでとっても楽しみにしていました。期待を裏切らないボリューム、完成度、面白さで、一気にやりこんでしまいましたね。やっぱり元祖に恥じない作品に仕上げてきましたね。今度は「街2」がやりたいかなぁ。

□つる~ね/29歳/男性□

サウンドノベルというジャンルがここまで進化できるのだというのをまざまざと知らされたゲームでした。背景が動くという画期的なシステムが導入され、なおかつ文字を読むのに邪魔にならないようになっている作りはさすがチュンソフトだと思いました。シナリオも前作とは違い、全体的にホラーもので構成されており、そのいずれもがしっかりとした出来で、とても楽しめました。

□シゲ/22歳/男性□

ストーリー数や、演出、チャート機能など前作よりさらにレベルアップしておもしろくなった。とくに、演出のレベルが格段に強化され、よりストーリーを楽しめるように。チャート機能の強化で、全ストーリーの攻略が楽になったのでサウンドノベルを初めてやる人でもハマルゲームだと思う。

□Gr33d/20歳/男性□

かまいたちの新作がPS2で登場してどこまでパワーアップしてどこまで前回の良さを残せるかを追及してみました。いままでのサウンドノベルでやれることはやりつくしたと思っていたのですがそこに動きの概念を加えてさらなる展開をしてくださいました。これで最終か?もしくはまだいくのか?と次回作品に期待をもてるいいできでした。

□紅/24歳/男性□

ただ気味悪いだけ、とか、最後のほうは分岐をつぶしていくだけ、とか、前作のような謎を解いたときの達成感がない、とかいろいろ批判があるようですけど、僕は面白かった。最初にプレイしたときの4時間は部屋の電気を点けるのを忘れるくらい集中してやれましたし、あの時間を過ごせただけでも価値があると思う。ただ、金のしおりまで行ってしまえば、もう一度やろうとは思えない。しかし、それはやりこむタイプのゲームではない、というだけでそれまでの時間を楽しむゲームなのだと僕は考える。大人のゲームだ。

□もにもにーん/28歳/男性□

夜一人でやっていると、確かに怖い、前評判どうり面白かったが、推理に関してはちょっと甘い、しゃれは、相変わらずさえてる。オートセーブ機能が、使い慣れるまでヤヤ、ワカリヅライ、ダンジョンの途中でセーブできないのも面倒もっと、話の分岐を増やしてストーリーをつくってほしかった。

□ふっち/41歳/女性□

久しぶりにサウンドノベルを楽しめると思いかなり前から予約して購入しました。期待がとっても大きかったのですが、ちゃんとその期待にこたえてくれる出来で、とっても面白かったです。やはり、サウンドノベルの元祖ですね!!!!「かまいたちの夜」をやった人はもちろん、やっていない人にもオススメです。でも、本当は前作を先にやったほうがさらに楽しめますね。次は「街2」がやりたいですね。

□つね/29歳/男性□

前作に引き続き、臨場感溢れる作品であり、多くの人達の胸に「かまいたちの夜」という名を刻み付けただろう。それ程インパクトが強く、すばらしい作品だと思う。日常の生活に飽き飽きしてしまった人や、非日常的な世界に浸ってみたい人など、騙されたと思って一度プレイしてみてはどうだろうか。

□ゆーちん/20歳/男性□

今回の、なぞは前作よりも、難しかったように感じた。しかし、フローチャートやシステムが扱いやすくなっており、難しいのに何度もやるのが苦痛にならなかったのが、他のサウンドノベルとの違いではないかと思う。途中のフラグを立てるところも、選んでからフローチャートで移動してもある程度フラグが残ったままになるので何度もやる人間に、同じ文を読む苦労がなくて、やりなおししやすかった。

□せいや/33歳/男性□

前作から大好きだったシリーズだったので、発売日に即買い。早速プレイしてみました。前作は、登場人物の誰かが作ったゲーム、という設定で繋がっているので、前作で死んだり犯人だったりした人も復活。いい感じに前作を知らない人でも入りやすいように繋げてあるなぁ、という感じです。PS2に移って、グラフィックも実写と同じ位のクオリティで臨場感もあり、登場人物のシルエットに動きが出て、より分かりやすくなってます。もちろんチャートも健在で、どこからでもやりなおせるし、ベースになる「子守唄編」の他にも「陰陽編」等沢山のシナリオで何度でも楽しめます。まだ全部はクリアしてませんが、絶対におススメです。ただ、怖い物やスプラッタが苦手な人にはあまりお勧めしません(笑)。

□えんぷれす/24歳/女性□

僕は「かまいたちの夜」をプレイしたことが無く、初めてサウンドノベルのゲームをしました。正直プレイする前は「こういう系は面白く無いだろうな。」と思っていました。しかし、実際プレイして見るとその思いは全く無くなりました。「このゲームはなんておもしろいんだ。」と本当に思いました。まずたくさんのシナリオがあって、全てクリアするのに飽きがきませんでした。それに、オートセーブにすると、いちいちセーブしなくてゲームオーバーになっても好きなところからやり直せるのがとてもよかった。あと、殺人だけではなく伝説のようなものまでたくさんのホラーがあって本当におもしろかった。画像も音楽もとても言いあらわせないほど良かった。最近のゲームでは最高傑作と僕は思います!!

□留美奈/16歳/男性□

スーパーファミコン時代に1にハマってから数年。ハードの性能の進化に伴い、CG、音共に目覚しい進化を遂げています。CGは美麗で人物が動くし、音楽も民族性のある舞台に見事マッチしています。システムも、読み返しはもちろんのこと、戻りたい所まで戻れるというユーザーが数回やることを考慮した親切設計。中身自体は、シナリオ一篇につき4,5時間程度のものが何篇かあり、その内容も様々。SFからオカルトチックなものまで手広くあり、エンディングの数もまた凄い。なんてったって100以上ある。が、エンディングリストとフロチャートがあるので、コンプリートは容易。しかし、それをしようとするとただの作業になるのが辛いか。各界の著名なクリエーターが集まって作ったというが、はっきり言ってそんなことはどうでもいい感じ。むしろ、それを前面に出す売り方はあまり好きではなかった。が、初心者にもとっつきやすい親切なシステム周り、魅力的なシナリオ(笑いあり)、サウンドノベルには必須の速いオートセーブ(オンオフ切り替え可)と併せて、純粋にサウンドノベルとして楽しむには最高の傑作です。

□てる/16歳/男性□

面白い!サウンドノベルの進化系とでもいうのだろうか?とにかくプレイヤーにストレスを感じさせない作りになっているのはさすが。手に汗を握りながらハラハラしてプレイしてしまいました。いかにもとってつけたようなシナリオや、明らかに受け狙いなシナリオも多数あるが、そのどれもが結構楽しめる。受け狙いとわかっていても、素直に爆笑してしまった。バッドエンドが多すぎるような気もするが、エンディングの数が多い分、それに比例してシナリオ数も浮上に豊富で、しばらくはプレイヤーを飽きさせることもなく楽しむことが出来る。ケチのつけようの無いデキに思わず感服。

□おじゃる○/21歳/男性□

◆面白かった人のレビュー◆

登場人物水色なのに怖かったです。軽く泣きました。夜1人で出来ません。PS2なのでグラフィックがすごかったです。生々しい。謎を解く物と、ストーリーを楽しむ物などがありたくさんのものがたりを楽しめました。笑いも入っていたので恐怖だけじゃなくてよがったと思います。早くかまいたちの夜の方が欲しいです。

□肉/15歳/女性□

前作と比べると、映像はもちろん、ストリーも多彩になり、とても楽しめた。新しくフローチャート機能がついていて、自分が終了した物語を確認できるし、もしゲームオーバーした場合でもそこからまたはじめられるのがうれしい。ただし、物語数が多いので、結局、フローチャート機能を使い、途中から物語を読んでいくという事が多くなるので、最初から楽しむというのは最初の1~2回だけだと思う。

□赤川/23歳/女性□

かまいたちの夜から大分時間がたって2が出たが、とてもよかったと思う。ストーリーの数も増えたし、工夫がこらされていた。注目したのは音楽。なんという楽器だか忘れたが、その音色が素晴らしい。画質もよくなった。しかしかまいたちは声はいれないところがいい。声もいれようと思えば入れられるだろうが、入れないところがかまいたちらしさだと思う。・・・問題点はストーリーの数は増えたものの、1よりドキドキ感が足りなかったというか、無難な感じであった。ただ小説が好きな方には向いているゲームだと思うし、2からでも別に大丈夫!しかし1もぜひやってほしい。

□そらくー/21歳/女性□

前作をはるかにしのぐグラフィックやサウンド等の各種効果が、様々なジャンルの、よく練られたシナリオをさらに盛り上げる。前作シナリオとの連続性・整合性がしっかりしており、おなじみの「おまけシナリオ」も充実で、前作からのファンも納得。ただ、一部に論理が飛躍しすぎた「?」なシナリオも見うけられ、やや残念だった。

□いつき/24歳/男性□

前回の「かまいたちの夜」の続編だけど、シナリオも豊富で何度もプレイしたくなる内容になっています。あるイベントをクリアすると見れるイベントなどもあり、ユーザをあきさせない工夫がよくしてあって面白かったです。もちろんミステリーの怖さもあります。

□SEAFOOD11/21歳/男性□

シナリオの数や種類が前作(SF)よりも豊富で、しかも映像もパワーアップしており、尚且つフローチャートがあるので、現在の自分のシナリオの位置がすぐに確認できるのが良い。ただ、隠しシナリオではかなりバッドエンドが多いのが目立つ上にシナリオによっては最後まで行っても凹んでしまうようなものがあるのが残念。ただ、官能編や洞窟探検編などは割と楽しくクリア出来たが、ハッピーエンドになるシナリオがもう少し欲しかった。

□アキラオ/29歳/男性□

シルエットが滑らかに動くというのが良かったです。犯行シーンの臨場感が大幅にUPです。裏を返せばグロさもUPしてます。音も表現力が増したというかイイカンジです。フローチャートなしでは完全クリアは無理でしょうがあると簡単すぎです。改善してほしいです。システムについてはこんなところです。ストーリーに関して言えば、本編は従来のテイストに近い印象を受けました。面白かったです。サブシナリオはなんと言うか…グロさに引きました。もちろんそうでないのもありますが…。これについての受け方は人それぞれでしょうから参考までに。やはり我孫子作品をサウンドノベルでやるというのは最高に面白いです。死に際の描写がグロかったですが慣れれば結構楽しめました。前作を意識して作られてますが引きずってはないので2が初めてという方にもオススメです。というわけで評価は「面白かった」ということで締めさせていただきます。

□そがちゃん/23歳/男性□

前作もプレイしたので,購入前から期待していたが,期待を裏切らないシナリオで大変楽しめた。フローチャートシステムも使いやすく,金のしおりまでの到達が前作より容易になっていたのもよかったが,そのフローチャートを埋めるのが機械的になってしまい,結果的に物語を細切れに読むことになったのが少し残念だった。

□momoko/29歳/女性□

前作は、スーパーファミコン版をやっていたのですが、それに比べるとグラフィックは、当然格段に良くなっていたのはわかっていましたが、オープニングなどは想像以上によかったです。分岐によりまったく違った物語になる点もよく、飽きずに次から次へと読んでいくことが出来ました。欲を言えば本編である監獄島のわらべ唄編が多少短かったような気もします。

□RYO/22歳/男性□

続編との事でかなり期待してプレイしました。内容的にもグラフィック的にも良かったです。が1つ言えば、前作の印象があまりにも強い為か、近作かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄は、印象が少し薄かった気がします。隠し要素も少なく、グラフィックに凝った感が強かったです。

□るりり/28歳/女性□

前作のかまいたちの夜をプレイしていたので、2作目も期待してプレイしたが、やはり楽しめた。期待していた以上にシナリオ分岐が多く、何度でもプレイできる良いソフトだと思う。本編も面白いが、サブシナリオも凝った作りになっていると思う。惨殺編や、妄想編!?はちょっと気持ちの悪い感じとなっている。

□TOMO/20歳/女性□

前作の登場人物が出てくるのは、前作をプレイしている者にとって嬉しいものがあった。ストーリーもぐんと増えてボリュームもあってよい。しかし、機能が付きすぎてすべてのストーリーを制覇していくのに一度呼んだ文字を飛ばすということができてしまうため、後半は読むというよりストーリーをこなしていくという作業のようになってしまった。

□ちゃとやん/24歳/女性□

1が大変面白かったので期待して購入した。内容は大変凝っているし、グラフィック、サウンドはとてもよかったのだが、ホラー色が強いな、と感じてしまった。1はもっとサスペンス色が強かったような気がしていたので、そこが残念だ。でも、サウンドノベルの元祖はやはりチュンソフトだな、と思えるような安心した出来でうれしかった。

□ぽちょ/25歳/女性□

面白かった。が、それ以上の物が無かった。確かにサウンドのベルとしては、他を寄せ付けない完成度はあったが、全体の暗さ、生々しさ、それが強調されていて、前作ほどの面白さが見受けられなかった。シナリオが「かまいたちの夜」の続編を前提に書かれているが、あのシナリオならば「弟切草」の続編と謳ったほうが正解だったのでは?

□きいほるだあ/28歳/男性□

前作が面白かった為プレイ。完全クリアまで一息に遊べた。CMで見たときには、3Dになったシルエットキャラクターに違和感があったが、プレイしてみると思ったより自然な動きだった。前作のまま、紙芝居的な動きにするより良かった。フローチャートがつけられた為、完全クリアがしやすくなった。ただ、今回はシナリオの真のエンディング(完)に後味の悪いものが多かった。一つの小説として読むのならその方が面白いかもしれないが、試行錯誤してプレイした挙句、救いのないエンディングを見るとやる気が殺がれた。

□けいこ/21歳/女性□

全作をスーパーファミコンで遊んだときにとてもおもしろかったので新品で購入しました。前作ほど満足はしなかったけどストーリーがたくさんあったのでそれなりにおもしろかったです。全然おもしろくないストーリーは遊ぶのがつらかったですがクリアしないと次のシナリオに移れないのでもっと厳選したシナリオのみに絞って長く深くしたらよかったのに。クリアしたら速攻売ろうかなと思ってます。

□ken/29歳/男性□

前作よりキャラの動きやグラフィックの良さが格段に良くなり、そのためによりリアルに物語にのめりこむことが出来、シナリオも豊富なためサウンドノベルとしては非常に高い出来だと思う。ただ、シナリオは怖いというよりは気持ち悪い方が強いと思うのでそういうものが苦手な人は画面を暗くするなどすれば問題無く楽しむことが出来ます。

□ば~ど/19歳/男性□

期待していたソフトで、発売日に購入し、プレイした。やはり大変おもしろかった。なかなかのスリルで、雰囲気もよかった。でも、全作に比べ、ちょっとチープになったかなと思った。ちょっと無理矢理怖がらせようとしすぎてる気がした。あと、話がエンディングによってもっと変化したほうがよかったと思う。全作のような突拍子のない自由なダイナミックな話の変化はみられなかった気がする。

□ワイエス/25歳/男性□

前作をプレイしたことがあるので抵抗なく物語に没入できました。1つの島を舞台にいくつかの異なったストーリーが用意されていて、面白みも相応にあって良かったです。ただ、比率的に暗い内容が多く人によっては好き嫌いハッキリしそうです。やり込みといった要素はジャンルがジャンルなのでないのですがプレイ時間も30時間弱で値段分は楽しませていただきました。

□綱島太郎/21歳/男性□

正直、前作を買い、前身の(?)弟切草もプレイして、とてもハマった人間だったので少しがっかりしてしまった。一番残念だったのは、作品との一体感、恐怖、非現実の中に潜む現実、などの伝わりが薄いこと。物語としての完成度が、映像やその他の感覚(特に視覚)表現に大分偏って伝えられることにより「白ける」なんて事が少なからずあった。多分作り手としてのコンセプトとしてはアレで大成功なのだろうが、プレイヤーはそればかり望んでいるわけではない事も考慮して欲しかった(していたのかもしれないが)。厳しいようだが後二つ。フローチャートなる物は廃止すべきだと素直に思った。特別編はプレイしていなかったので初めてだったのだが、やるにつれて面白くなくなった。アレによってなんか強引な分岐も大分作られたような気がするのは気のせいか。「~篇」と出てくるのもちょっと…ね。最後。物足りない気がする。確かにボリュームはある。でも、何かが足りない。”見ている”ようで、”やってる”気がしない。前作のストーリー構成の方がはるかに今作を上回るクオリティーだなと思った。評価にもあるように、確かに面白かった。

□虚空/18歳/男性□

前作をプレイしていないのですが、すんなり世界に入り込むことができました。サウンドノベルはただ文字を読むだけと言うイメージが強かったのですが実際にプレイしてみてそのおもしろさにはまりました。フローチャート機能も付いていて二回目以降のプレイもすごく快適でした。サブシナリオもボリューム満点でやりがいがありました。欠点を言うならば、選択肢がやや少なく感じました。が、買って損はないと思います。

□しげやん/22歳/男性□

◆普通だった人のレビュー◆

いろんな話が見れるのは面白かったけど、普通のパターン(?)の殺人事件で犯人を捜す…っての以外ほとんど気持ち悪い話だった。それはちょっと嫌だったかも。いろんなパターンがあるのはいいけど、それも殺人事件で犯人を捜すっていうのにして欲しかった。あと、青い人形じゃなくて顔がある人間が良かったかな。

□まい。/19歳/女性□

自分が殺されるのではないか、というような恐怖が少なかった。犯人の動機も感情的な割には、関係ない人まで殺して、もっとシナリオは、前回の方が面白かったと思います。今回は、いろいろな人が入っているので、統一感があまりなく、もっとナゾがあって欲しかったです。しかし、映像のレベルアップには驚き。3も早くも出て欲しいと思っています。

□Carrey/24歳/女性□

前作がとても面白かったので今回もすごく期待をして購入しました。前作より良かった所は各シナリオのフローチャートが付いた事で時間の無い時でも繰り返しプレイし易くなり、数々のエンディングを見るのに手間が掛からなくなった所とキャラが動くので情景描写がより分かり易くなった所です。悪かった所は繰り返しプレイが容易になった事で逆にエンディングを見るという事が段々と作業的になってしまいシナリオを十分楽しめていない自分がいました。シナリオに関しては個々に賛否が分かれると思いますが、面白かったシナリオもあれば、猟奇的描写がしつこい程あるシナリオもあり(もう少し猟奇的な描写を抑えても恐怖感を与える様シナリオを練って欲しかった・・・余りに直線的でB級映画っぽくなっているような)、あと独り善がりな不可解なシナリオは「かまいたちの夜」のゲームじゃなく作家さん自身の小説でやってて欲しい。結果的に前作の登場人物にこだわり過ぎてシナリオが破綻している所もあるように思えます。今作も十分楽しめましたが、次回作はもっとシナリオに重点をおいて欲しいなと思います。なんだかんだ言ってこのシリーズが好きですから。

□モッチ/25歳/女性□

前作と比べてしまうと不満点もありますが、色眼鏡無しで考えると普通に面白いです。わらべ唄編では謎解き直前までの雰囲気はとても惹きつけられました。ただ、推理モノと考えると肝心の謎解きが消化不良気味でこのゲームの評価をぐっと下げてるようです。このゲームが「かまいたちの夜」の続編でなかったら、そして推理モノと考えなかったら言いゲームだとは思うのですが…。

□スズネ/23歳/女性□

◆不満点があった人のレビュー◆

まずこのゲームに関していいたい事ですが、メインであるわらべ唄篇があまりにもお粗末です。トリックも真犯人の動機も、あまりにも強引すぎます。もっとメインシナリオの分岐を増やし、幾通りもの解決方法を用意すべきでした。サブシナリオはやたらと生理的嫌悪感をもよおすような描写ばかりで、プレイしていて気分が悪くなりました。このゲームは、プレイヤーを不快にする為に作られたのでしょうか。で、結末もどれも救いの無いものばかりで、鬱になります。せめて、完扱いのエンディングはハッピーエンドにしてもらいたかったです。その為にはシナリオを絞るべきでした。製作者の一人がやたら出張るのも気に食わなかったです。これは、一昔前のギャグ漫画ですか!?はっきり言って、このゲームを世に送り出した方々の良識を疑わざるを得ません。もし続編を作るなら脚本は別の人に書いてもらいたいです。

□スペースカウボーイ/29歳/男性□

サウンドノベルの傑作「かまいたちの夜」の続編と言う事で期待して購入しましたが、酷い出来でした。映像や音楽にばかり力が入っており、完全のシナリオが粗だらけでした。前作の話を「ゲームの中の出来事」と言う事にした事といい、正体不明の人間により得体の知れない無人島に呼び出されるという無理のありすぎる導入といい、真犯人による怪人二十面相ばりの変装及び建物全体に仕掛けがあるという無茶なトリックといい、プレイヤーの手で事件を早期解決できない点といい、真犯人が自決した事といい、どれをとっても最低な出来でした。サブシナリオに至ってはもう、下の下。必要以上に生理的嫌悪感をもよおすようなグロテスクな描写が満載で、うんざりしてきました。おまけにプレイヤーの意思決定の余地はなく、どれもこれも悲惨な結末ばかり。大概にせえと言いたくなりました。サウンドノベルの開祖も地に落ちたと言わざるを得ない出来のゲームでしたよこれは。

□キン肉チハル/30歳/男性□

かまいたちの夜がなぜあれだけのブランドを確立したのかを考えた時、普通に小説を読むのではなく、自分の限りなく自由な意思が反映される緊張感と、現実的な感情移入可能なリアリスティックな雰囲気、巧妙なトリック、様々な要素があった。ところが本作は全てにおいて前作のよさが消えてしまった。まず、メインシナリオが薄すぎる。トリック自体もあまりに漫画的で絶対にありえないもので、前作のような「あっ」と思わされ快哉を叫ぶことがない。そしてそのメインシナリオ自体がほとんどどの選択肢を選んでも一本道に収束され、自分の意思でメインシナリオの事件が様々な様相に変化することがなく、ゲーム性が薄くなっている。分岐をしたらしたで、あっけなくパラレル化してしまい、そのサイドストーリーもオカルト設定で現実離れした超常現象の話ばかりで、閉ざされた館での緊張感を期待していた人間にとっては拍子抜けもいいところである。あまりにサイドストーリーもオカルトで現実離れしているために、のめりこめず、ただただ選択肢を出すためだけにプレイしてテキストはほとんど流し読みで進むという、本末転倒な内容になってしまう。何故これほどまでに緊張感のないゲームになってしまったのか?悔しくて仕方がない。テキストの物量と分岐数と、プレイヤーの意思を汲み取った選択肢の挿入場面設定、現実的な分岐、いくつもの表情に変わるメインシナリオ・・・これらを正常進化させればよかっただけなのに、何故ここまでお笑い路線の作品になってしまったのか?恐怖も自由もなく、ため息だけがもれる一本道のメインシナリオ。舞台設定が無意味な、必要性のわからないオカルト満載なサイドストーリー。せっかくのブランドを大きく汚してしまった作品のイメージがぬぐい切れない。続編が出るのなら、原点に立ち返って、何故初代かまいたちの夜があれほどのヒットを記録したのか?ユーザーが求めている物は何か?を考えるべきだ。

□とくの/23歳/男性□

シナリオノベルで、前回プレステ版をプレイして、2も欲しくなった。100以上あるエンディングはどんなものかと期待していたが、とにかく数をこなすためだけに存在したようなものもあって正直がっかりした。前作のほうがミステリー的にも金色のしおりになった後の楽しみにしても興味をそそられた。グラフィックはさすがプレステ2だけあって前作にはない動きや実写がより増えてリアル感が増すなどさすがの出来だった。フローチャートや早読みシステムも使いやすくてよかった。

□ミウキョー/27歳/女性□

『かまいたちの夜』の続編として長い年月を経て発売したからには、その間についた根強いファンの気持ちに立って作るべきで、このソフトはその辺りの配慮が妙な方向にいってしまっている作品だと思われる。ファンの持つ作品の世界観は人それぞれで、一概にこれとは言えないのかもしれないが、作者の我孫子武丸が出てきて様々なアピールをし、自虐的なギャグなどを言ったりする事に抵抗のある人が多いのは明らか。それらは作品の世界観に必要のないものだと思う。一作目『かまいたちの夜』の、暗号を解くことにより出現する我孫子武丸の隠しメッセージはその意味では作品(物語)の外でのことであり、どきどきするものであったが、今作での介入の仕方は、クド過ぎて気持ち悪い。またシステムについても、「こんなところにこんな分岐が!」という感動が一作目(SFC)の魅力であり、その微妙な変化を見つけた時の充実感が当時ハマった一番の要因かと思うのだが、フローチャートによって、「あ、分岐増えてる。」という程度のものとなってしまい、ゲーム性がほぼ無くなったのも悲しい。最後にギャグのセンスだが、『街』の「青虫抄」などチュンソフトは度々スベるので、もっと基本に返ったものを期待したい。本編の内容を壊すギャグは勘弁。今後の作品に期待!(続編はもういい)

□よこ/23歳/男性□

雰囲気はとても良く、気に入ったシナリオのお話は面白かったのですが、いかんせん納得のいかない不満点が二つあります。一言で言うと人を殺しすぎですね。殺人事件が起きるであろう事はプレイ前から予測がついてた訳ですが、あまりにも無駄に殺しすぎで興ざめしてしまいました。もう一つの大きな不満点は誰とは言いませんがシナリオを書いた人がゲーム内で前に出すぎです。特にそこで現れた選択肢には殺意すら覚えました。CGの面などで見た人には分かるとおり製作に多大な努力をしていたのに、その二大不満点で興ざめですね。続編を期待してたユーザーの一人として残念極まりないです。今後仮に続編を製作するのであれば「ユーザーが完全に感情移入できる内容」で頑張って欲しいですね。

□くろにゃん/25歳/女性□

凄くCMとかでも宣伝をしてて怖いなァと思ったのと、前作を遊んでいたので買ってみた。買ったその日にクリアが出来てしまって前回みたいに難しいのではなく簡単になっててなんか腹が立ったのと残念だった。犯人探しも前回ははずれるとゲームアウトとかになっていたのに・・今回は当てれるまでOKみたいになってた。やっぱ高いお金を出して買っているのだからなんか手を抜いてるような感じがした。今後買うか分からない。期待してただけに残念だった。

□堂本なお/27歳/女性□

一番最近プレイしたのがかまいたちの夜2です。前評判が高かったため購入したのですがプレイして非常に不満点があります。私は前作のかまいたちの夜(プレイステーション版)もプレイしましたが前作のほうがプレイしていて恐怖感や緊張感があったと感じました。かまいたちの夜2はメインシナリオのボリュームが不足ですぐにクリアーしてしまうし、ゲーム中の選択肢も予測できてしまうものばかりと感じました。だから2時間くらいでメインシナリオがクリアーできてしまうのです。正直拍子抜けしました。いくつものシナリオでボリューム間を出すよりもメインシナリオのボリューム感をふやしてその補足シナリオとして1,2のシナリオを用意する仕方のほうがいいのではないでしょうか?次回作に期待しています。

□ムー/28歳/男性□

オープニングのシーンは、まるで映画を観ているかのようなスリリングな印象。期待も俄然、膨らみます。しかし、実際にゲームを始めてみると、退屈・退屈。やっぱり、この手の本をよく読む私にとっては、文章一つ一つ、気になってしょうがない。しかも犯人は、前半でわかってしまい、早いエンディングを迎えてしまったため、結局、つまらないプレイとなってしまいました。

□テツロー/32歳/男性□

本編シナリオはさすがにノベルというジャンルの先駆けたる本タイトルの実力を思い知らされる物があるがその数があまりに少なくまたおまけシナリオの内容があまりに貧弱でまさに「おまけ」でしかなく結果的にプレイ時間と満足度という点でかなりの不満が残る。しかし最近のグラフィックばかり重視の内容のないソフトばかりの中ではさすが本職が書いたテキストの内容はすばらしく他のソフトと比べて格段の実力差を見せている。結果的におしいソフトといえると思います。

□ひろぞう/31歳/男性□

前作のキャラクターを用いての第2弾だが、前作をプレイしていない人には人間関係や謎解きが少々分かりにくいのでは、と思われる点が多い。しかし、前作をプレイした人には物足りなさを感じさせる出来映えで非常にどっちつかずである。シナリオの本数は増えているが推理小説よりもホラー小説のような話が多く、そのような話が好きな人にはおすすめではある。

□ぽよ/22歳/女性□

前作がとても面白かったのですごく期待していたのにガッカリさせられた。いろいろな話を増やすより、本編ひとつをじっくりやれるつくりにして欲しかった。物語を楽しむというより、エンディングを全部見るためにプレイしたような気がしてならない。それぞれの話は悪くなかったとは思うが、フロートチャートが便利すぎて、いちいち読まなくなってしまい、話が多いこともあり、なんだかおいていかれたような感じがした。

□vivi/26歳/女性□

最初のオープニングのムービーでは、まるでホラームービーでも見ているような感があって、期待感も膨らみましたが、実際にゲームを始めてみるとがっかり。犯人は途中で、簡単におおよその検討はつくし、それほど緊迫感も感じられなかった。ただし、私の妻は、このゲームにかなりのビビッてしまって、夜中にトイレに行けなかったことだけは追加しておきます。

□テツロゥー/32歳/男性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング