新世紀GPXサイバーフォーミュラ
ROAD TO THE INFINITY 3

2006年10月26日サンライズインタラクティブより
プレイステーション2ソフトとして\7140で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

まだ「大変面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆面白かった人のレビュー◆

前作までに比べ、車の挙動が改善されたため、より実車に近い感覚で操作できるようになった。しかし、その反面、ややハンドル操作に対する車の動きに鈍さを感じることもあるなど、細部にはまだまだ改善の余地があるように感じられた。また、スピード感についても、時速500km、600kmで走っているようにはとても感じられないため、ここも改善してほしいと感じた。そして、一番気になったのはCPU(敵車)の行動パターンで、相手の走行ラインなどお構いなしに走っているため、何度も何度も衝突され、不快感を覚えることが多多あった。また、このせいでCPUどうしで衝突を繰り返し、コースを塞ぐ形になることも多多あり、CPUの改善が一番優先すべきことであると感じた。また、レース中の処理落ちが当然のように起きている(複数台走行時)ので、ここも改善するべきだと感じた。
しかし、これらの欠点を補って余りあるほどの魅力(サイバーフォーミュラの世界観を再現したレースシステムなど)を個人的に感じたので、上のような評価とした。

□つば樹/25歳/男性□

サイバーフォーミュラの新作ゲームです。正直、サイバーフォーミュラファン以外が純粋にレースゲームとして楽しめるかというと今一ではないかという感じです。私の場合は一番好きなアニメがサイバーフォーミュラファンと公言できるくらいなので大変満足できるできでしたが、レースゲームが苦手な人でもクリアできると銘打っている割にはCPUが馬鹿すぎて(オートにしておくとたいてい前走者にぶつかる)ゲームシステムが貧弱ですね。まぁ絶対的に満足がいったのは河森氏のマシンデザインの巧妙さが健在であったということでしょうか。これを機にサイバーフォーミュラファンが増えれば幸いなのですがね。

□松っちゃん/33歳/男性□

◆普通だった人のレビュー◆

まだ「普通だった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆不満点があった人のレビュー◆

前作からくらべると操作感がかわってしまったが、ゲームの内容はほとんど変わっていなかった。レースゲームとしてみるとあまりいいゲームとはいえないと思う。サイバーファン向けのゲームです。新コースは原作を知っているとイメージにあっているコースだと思いました。新キャラの主人公のストーリーはいまいちだった。二人のどちらを選んでもストーリーがあまり変わらなくてがっかりした。

□トルネードバンク/34歳/男性□

  
■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング