ドラマティックサッカーゲーム 日本代表選手になろう!

2002年5月23日エニックスよりプレイステーション2用ソフトとして\6800で発売

◆大変面白かった人のレビュー◆

まだ「大変面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆面白かった人のレビュー◆

まだ「面白かった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆普通だった人のレビュー◆

まだ「普通だった人」のレビューはありません

□/歳/性□

◆不満点があった人のレビュー◆

サウンドノベルでサッカーが楽しめるということで購入しました。ところがサウンドノベルとして楽しむにはいくつか不満点がありました。まずひとつは、このゲームのシステムであるTAT。画面上に表示された文字に、画面外から流れてくる文字が重なったところでタイミング良くボタンを押すというものです。この成否により、ゲーム内での試合の内容が変わるのですが(失敗するとピンチになるなど)、これがかなりのクセモノでした。ゲームの序盤はともかく、中盤以降はこのTAT、いろいろなフェイントを付けてきてくれます。そのため、これを成功させるには、それなりの反射神経が要求されます。人によりけりなのかもしれませんが、少なくとも私には要求されました。反射神経が鋭くない私は、どの選択肢でどんなフェイントをかけてくるのか記憶することで対処しようとしました。ところが、記憶をしていても判定がシビアな場面がいくつかあり、失敗することがありました。このシステム、サッカーの緊張感などを表現しようとしたのかもしれませんが、反射神経と記憶力を要求され、サウンドノベルとして楽しむことができません。さらには一度エンディングを見ないとTATの難易度選択ができないこと。最初から難易度の選択ができてしまうと何か不都合なことがあるのでしょうか?二つ目は、サウンドノベルとしてのシナリオの貧弱さです。物語(と呼ぶのも憚られますが…)はほぼ一本道で、ガラリと展開が変わるようなことはなかったと思います。上記のTATがもう少し楽しめるものになっていたとしても、シナリオがこれではサウンドノベルとしてはボリュームがなさ過ぎます。また一部の例外を除いて、試合に負ければゲームオーバーになり、私は苦手のTATのため試合に勝てず、何度もゲームオーバーになりました。そして最後に実況の単調さ。同じセリフが頻繁に出てきますし、実況そのものがあまりにもお粗末でした。聞けば聞くほど雰囲気を壊してくれます。唯一救いなのが、試合のCGがそれなりの雰囲気を出してくれてるということです。しかし、私としましてはCGアニメを楽しむために購入したわけではありませんし、これ部分すらひどい出来だったら怒りすら覚えたことでしょう。総合として、失望させられたというのが正直な感想です。物珍しい内容と、W杯ということでこのゲームに興味のある方もおられると思いますが、サウンドノベルとして楽しめるかというと、甚だ疑問です。久しぶりに期待して購入したゲームなだけに、非常に残念な結果となりました。

□薄切りハム/24歳/男性□


■ゲームレビュー機種別一覧
ゲームレビュー(トップページ)
PS3
Wii
PS2 あ行PS2 か行PS2 さ行PS2 た行・な行PS2 は行PS2 ま行・や行PS2 ら行・わ行
PS あ行PS か行PS さ行PS た行・な行PS は行PS ま行・や行PS ら行・わ行
XboxXbox360
PSP
ニンテンドーDSゲームボーイアドバンスゲームボーイ
WINDOWSWINDOWS18禁
アーケード 業務用ゲーム
ドリームキャストセガサターン
ニンテンドーゲームキューブNINTENDO64
ワンダースワンその他の機種
■ゲーム関連コンテンツ
ゲームいろいろ情報
ゲーム発売日一覧
ゲームソフト人気ランキング